貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はるかぜ とぷう」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

はるかぜ とぷう 作・絵:小野 かおる
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1998年03月
ISBN:9784834014990
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,072
みんなの声 総数 23
「はるかぜ とぷう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春を感じます

    あたたかく、優しいお話です。

    春風の子供”とぷう”は青い迷子札をつけて街へ出かけます。
    皆に見えるわけでもない風の子供たち。
    あたたかな彼らがそよそよ周りを通っていくと
    みんな気持ち良くなるんだろうな〜

    でも喧嘩をすると大変なことになるんですね。
    頭の後ろについた渦巻きが可愛かったです。

    春一番が吹く頃に読むとぴったりな絵本です。

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はるかぜ とぷう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / からすのパンやさん / くっついた / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット