十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

はるかぜ とぷう」 大人が読んだ みんなの声

はるかぜ とぷう 作・絵:小野 かおる
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1998年03月
ISBN:9784834014990
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,969
みんなの声 総数 23
「はるかぜ とぷう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つむじかぜ?  とぷうの冒険

    はるかぜ   心地よい温かな風をはこんでくれるのですね
    時々 春一番  突風が吹くことがあるんです

    はるかぜほてるとは なんともかわいい    とぷうは はるかぜの子どもです       いろんな新しい出会いがあり 楽しそうな体験をしました
    町の人々も 春を待っていたんでしょうね
    幼稚園の子ども達と一緒に 動物園へ行った とぷうたち
    かぜのこが ケンカしたので 動物園は つむじかぜが吹き荒れて めちゃくちゃ すなぼこりが舞い上がって・・・・・

    いねむりしていたライオンが 「うおー、 うるさいぞ」  大声でほえたからびっくり
    ライオンの迫力感は 抜群です   
    さすが 百獣の王   
    とぷうたちも にげていきました
    はるかぜが けんかすると つむじかぜが できるんですって
    なかなかおもしろいお話しでしたよ
       
    春ですね〜   桜が咲いて お花がたくさん笑っています

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春風のけんか

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    春風の子、とぷうのおはなし。
    とぷうは、家族と丘の上にやってきて、さっそく仲間と遊び始めます。
    かげろうと戯れ、街の中を通り、幼稚園児たちと動物園へ。
    ところが、先に遊んでいた春風グループとけんかになってしまうのです。
    春風がけんかをすると・・・、つむじ風になるって、
    なんだか説得力があります。
    しかも、頭の後ろに渦巻き(つむじ)がついてしまうなんて、愉快です。
    いかにも子どもらしい展開で、共感できました。
    なるほど、子どもにとって、春風って、なかなか体感しにくいですが、
    こんな造形なら親しみやすいですね。
    とぷうに、わかりやすい迷子札がついている配慮もうれしいです。
    これなら、主人公を見失うことがありません。
    絵が少し古風だなあ、と思ったら、やはり、1969年初版の作品。
    団地や商店街といった街の光景が、なんとも懐かしかったはずです。
    でも、おおらかな春風の造形は今の子どもたちにもぜひ味わってほしいです。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い春風さん

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    春風の「とぷう」が、仲間と出かけると、みんなが「はるかぜだ」
    「あたたかくなるぞ」って ニコニコする。

    春のあたたかい風は、それだけで冬の辛さを忘れますね。

    かわいい春風たちが、春を運んでくれるけど、喧嘩すると
    「つむじ風」に!
    花粉症の私は、「お願い・・・今日もみんな仲良くしてね」って
    願う毎日になりそうです(笑)

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママは優しい

    春にぴったりの絵本です。
    本当に春の風が吹いているような優しい絵と文章。
    けんかをしたってママは分かっている、
    っていう場面が好きです。
    いつだってママは優しくて温かいものです。
    そして家族三人で出掛ける姿がとっても素敵。
    今の時期に、プレゼントしたくなる絵本です。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • つむじ風の原因はこういう事だったのね

     図書館で、春をテーマに陳列されていた一冊です。
     
     春風の子どもとぷう。
     両親と一緒に大きな樫の木のホテルに着きました。
     ホテルは春風たちでいっぱいです。

     とっても可愛らしい表現です。

     翌朝、青い迷子札をつけてもらって、とぷうは外に出ました。
     町に行ったとぷうたちを迎える笑顔。
     わかります。
     この季節、私も大好きです。

     動物園でも、とぷうたちの訪問に動物たちは気持ちよさそうです。
     ところが風の子たちのけんかが始まり…。

     つむじ風の原因はこういう事だったのね。と、納得しました。
     
     とぷうの頭の後ろの渦巻きが可愛らしかった。

     春の到来にウキウキしてしまう季節にいかがでしょうか。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はるかぜ とぷう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / からすのパンやさん / くっついた / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しにがみさん
    しにがみさんの試し読みができます!
    しにがみさん
    作・絵:野村 たかあき 出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    大勢の方々からのリクエストにお応えして、待望の重版!!


100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット