しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

999ひきのきょうだいのおひっこし」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

999ひきのきょうだいのおひっこし 作:木村 研
絵:村上 康成
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784893256249
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,019
みんなの声 総数 64
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なにせ999ひき、お引っ越しは大わらわ!

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    「本当に999匹いるのかな?」と思わず数えたくなる、
    かえるのきょうだい達の表紙を見て、下の子が手にとりました。
    ・・・途中で「ま、いいやっ」とやめてましたが。
    村上さんの描く、小さなかえる達はコロンとしたお顔で、
    ごちゃごちゃいる様も、なんだか可愛らしいです。

    我が家には2人の兄弟がいて、日々手を焼いておりますが
    かえるのとうさん、かあさんの子ども達は999匹。
    そりゃあ、お引っ越しも一筋縄じゃいかないでしょう!

    お父さんかえるがとんびに捕まったときはヒヤリとしましたが、
    そのお父さんに999ひきの兄弟もつながっていくなんて。
    能天気に空中散歩を喜ぶきょうだい達に笑いつつ、
    緑色のてんてんがつながる、危なっかしい波型のラインに
    いつ切れるのかとドキドキ。

    夢中で聞いていた下の子はこの絵本がとても気にいり、
    何度も読まされ、帰宅した上の子に、手振り身振り付きで解説までしていました。

    可愛くて、笑えて、ハラハラドキドキもあって、最後は家族っていいなと思える作品。
    園児さん位〜小学校低学年のお子さんにおすすめです。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引越し騒ぎ

    まずタイトルの「999ひき」に大ウケした子供。
    お話も夢中で聞いてくれました。
    へびやとんびが登場すると、「だめだめ」と言って、手でとんびの絵を隠します。

    無事に引越しできましたが、途中の道のりはハラハラドキドキ・・・
    でも、そんな思いをしているのは、カエルの親と読んでいる私達で、999匹の子供カエルは、マイペースです。
    ハラハラのお話の中で、その様子がホッと和む場面でした。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんまに999匹おるん?

    • ナォコ☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 香川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    子供が図書室から借りてきました

    子供が自分で最初ペラペラとページをめくって
    これほんまに999匹おるんかな・・・・・・って数えたりしてました

    とんびに皆がぶら下がってるところとか
    すごく面白いです
    おひっこしの結末がこれか〜って感じでした

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • スリルのあるお引越し

    999匹もいると、お引越しも圧巻ですね。
    とんびにさらわれたお父さん、そして、それにつかまったお母さんに連れられて、999匹が空の旅。
    かえるなのに、お引越しは空便です。
    なんせ、村上康成さんの絵が大好きなわが子。
    小さな絵も見逃さず、
    「あ、お母さん。こんなところに、ピンクぺっこんがいるよ。」
    と他の絵本の主人公の名前もちゃんと覚えていました。
    村上さんのかわいらしい絵、ちゃんと頭に残ってるみたいです。
    冒険、冒険の移動だったけど、ちゃんとお引越しできたかえるたち。なかなかスリルのあるお引越しでした。

    掲載日:2009/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外おもしろい!

    評価が高いのとカエルというところで読んでみました。カエル好きなもので。表紙を見ただけで嬉しくなりました。

    ところが、こんなお話とは知りもせず……うわっ、うははーと娘と感嘆の声をあげ一緒になって喜んでしまいました。
    とんびが気の毒で、そっちに同情してしまった私と、いやいやカエルが無事でよかったと喜ぶ娘と、それぞれに楽しみました。
    奇想天外でなかなかおもしろかったです。
    とりあえずとんびが気に入った私ですが、お父さんを助ける強いお母さんにもかっこいい〜と爽快感を感じました。

    娘は図書館へ一度返却したにも関らず、気がつくとまた借りていて、1ヶ月もうちが独占していました(苦笑)

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「999ひきのきょうだいのおひっこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット