あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

いやだいやだのスピンキ−」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

いやだいやだのスピンキ− 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:おがわ えつこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1989年
ISBN:9784915632440
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,481
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 引っ込みつかないスピンキー

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    スピンキーは怒っています。
    みんなで機嫌をとってもダメ、
    キスをしてもダメ、花を上げてもダメ
    説教してももちろんダメに決まってる。

    それならばと
    おばあちゃんを呼んでお土産渡しても、
    抱きしめても・・・ダメでした。

    そしてピエロを雇いスピンキーを楽しませると
    うっかり笑ったのです。
    でも家族の顔を見て、またむくれて。
    どうやら、引っ込みがつかなくなったようです。

    仲直りの方法は・・・お楽しみですが
    オチを読む前にお子さんに聞いてみるのもいいですね。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の私が共感しちゃいました

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     スピンキーの「みんなは全然気持ちを分かってくれない」と思う気持ち、「みんなから大切にされていることを確認したい」と思う気持ち、大人の私が共感しちゃいました。できることなら、私もスネたい。 
     すねすぎると仲直りのタイミングをつかむのが難しいこと、すねたととしても気持ちを大切にしてくれるのは一時のこと、家族の絆の素晴らしさがよく描かれています。

    掲載日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いやだいやだのスピンキ−」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット