だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぐりとぐらとすみれちゃん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらとすみれちゃん 作:なかがわ りえこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784834006339
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,436
みんなの声 総数 152
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 美味しそうなかぼちゃ料理

    お料理がだいすきなぐりとぐら
    今回のお題はかぼちゃ!

    実はこの絵本、実在の女の子を題材にたお話なんですってね。
    「ぐりとぐら」が大好きだった女の子で、
    幼くして思い病気で亡くなってしまったのだそう。
    ご両親が「ぐりとぐら」の作者さんにお手紙を書いて、
    作者のなかがわさんが、すみれちゃんを絵本に登場させてくれたそうです。

    そんな背景を知って読むと、、少し切ない気持ちがこみあげてきますが
    とってもいい絵本ですね。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も初めて読んだぐりぐら絵本!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    「ぐりとぐら」は、私自身も大好きな絵本でしたが、
    この絵本は今回、娘と読んだのが初めてです。

    「すみれちゃん」という女の子が登場するのですが、
    のねずみのぐりとぐらと比べると、
    すみれちゃん、デカイ!

    ぐりとぐらが出してくれたお水の入ったコップも、
    デカいすみれちゃんには、とっても小さい!

    そんなすみれちゃんが抱えてきたかぼちゃは
    ぐりとぐらには特別大きかったに違いありません。

    最後は娘の大好きなお料理ネタ。
    かぼちゃで本当にいろんなものができるんですね。
    娘も、かぼちゃで「ドーナツ」を作りたいそうです。

    是非この絵本に乗っているカボチャメニューを、
    レシピ本化してほしいなぁと思いました。

    掲載日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界にひとつ☆

    すみれちゃんというとてもかわいい女の子が登場します。
    実在のモデルさんがいるとのことで、作品が出来るまでの話を知ってから改めて読むと、想いが溢れ泣いてしまいました。
    中川李枝子先生の優しさがたくさんつまった本当に素敵な絵本だと思います。

    ぐりとぐらがすみれかぼちゃで作った美味しそうなお料理がいっぱい出てきて、子供たちも食べる真似をして楽しんでいました。
    かぼちゃが大好きな息子達のお気に入りの一冊です☆

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋にぴったり!

    美味しい物がたくさんでてくる、ぐりとぐらのお話は、
    息子も私も大好き。

    今回のお話も、朝食の風景からもうとても美味しそうで、
    絵を少しつまみ食いしながら息子と読みました。
    自分で作った物が食卓にのぼる楽しさ美味しさも、
    絵本から伝わってきてとてもいいですね。

    おおきなかぼちゃを持ってきたすみれちゃん。
    そのおおきなかぼちゃに、「すみれかぼちゃ」と名前を付けるところも、
    豪快に落として割るというところもユニークで面白いです。


    このお話は今の季節にぴったり!でした。

    かぼちゃがおいしいこの季節。
    ハロウィーンのこの季節に、どんなお料理を作ろうか悩んでいる人は、
    ぜひかぼちゃ料理の参考にしてほしいなぁ。

    そんな私も、早速今日かぼちゃコロッケを作ろうと思います!

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • すみれちゃんに大笑い

    娘はなぜだか、絵本に出てくる『すみれちゃん』が気に入ったようで、すみれちゃんが登場すると『すみれちゃんだ〜』と言って大喜びしています。

    立派なかぼちゃを『くりかぼちゃ、えびすかぼちゃ』と迷っていたのはわかりますが、『ぽんきんかぼちゃ』が出てきた時は思わず笑ってしまいました。
    すみれちゃんが背負ってきたかぼちゃは結局『すみれかぼちゃ』というかわいい名前で、割り方まで変わっていて面白かったです。

    最後に、二人で撒いたすみれかぼちゃの種が、きちんと育つといいですね。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくらのなまえは〜♪と歌いたい

    ぐりとぐらが楽しそうに歌いながらお料理をするシーンは印象的です。
    シリーズの本に、同じ歌が出てくるので、前に読んだ「ぐりとぐら」を暗記していた子供は、うれしそうに一緒にくちずさんでいました。
    かぼちゃのドーナツやプリンはおうちでも作れるので、さっそく作って、三時のおやつに登場させたいと思っています。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べるのも作るのも

    恥ずかしながら、はじめての「ぐりとぐら」がこれでした。
    感想としてはもっとはやく出会いたかったなぁ、ですね。
    保育所の絵本配本で購入した本なのですが、
    いまでは「すみれかぼちゃ」に夢中です。

    かぼちゃ料理は親としてはちょっとしんどい(皮が堅くて・・・)のですが
    登場してくる料理を、一緒に作ったりしました。
    今はかぼちゃを種から育てています。

    夏の終わりには、我が家だけの「すみれかぼちゃ」が収穫できそうでとても楽しみです。

    食育という点からとてもいい本だと思います。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンにおすすめ

    ぐりとぐらのところへ、すみれちゃんが遊びに来て、かぼちゃを食べるお話。

    3歳になりたての娘にはちょっと文章が長かったのですが、最後のあたりで美味しいかぼちゃを食べているところでウキウキしていました。

    かぼちゃのいろんな料理、特にプリンが美味しそうで「食べたいなあ!」って子供が言いながら、たくさんの絵をみるのが面白かったです。かぼちゃを食べたくなるので、ハロウィンなどにもおすすめです。

    掲載日:2011/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃ料理 美味しそう☆

    かぼちゃ料理がたくさん出てきます☆
    かぼちゃのぺちゃぺちゃ・かぼちゃプリン・かぼちゃコロッケ・かぼちゃせんべい・・・。
    どれもとても美味しそう!
    ぐりぐらは本当にお料理上手ですね。

    かぼちゃを持ってきたのが「すみれちゃん」という女の子。
    大きなかぼちゃをリュックに入れて訪ねてきます。
    この「すみれかぼちゃ」を使って、森のみんなと一緒にたくさんのかぼちゃ料理を作るのです。

    3歳の息子はやはりお料理を並べてみんなで食べている場面が大好きです。
    「かぼちゃドーナツはこれ?」
    「かぼちゃのかりんとうは?」
    とか言いながら毎回楽しそうに指さしています。

    「すみれかぼちゃ」の種を畑に植えたぐりとぐら。
    「今度はどんなお料理を作るんだろうね?」と息子に聞いてみたら
    「かぼちゃのうどんは?」「かぼちゃのお肉もいいかもよ?」
    なんて言ってました(*^_^*)ビックリ。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃがおいしい季節です

    我が家の家庭菜園のかぼちゃも収穫できごろんごろんと
    転がっています。ぐりとぐらとすみれちゃんのように
    かぼちゃのプリンやかぼちゃのコロッケを作りたいなあって
    思います。
    お外でみんなで作り、お外でみんなで食べるっていうのが
    いいなあ。お外で食べるのっておいしいんですよねえ。

    すみれちゃん、しかし、以前読んだなかがわりえこさんの
    本の中で、実在するモデルがいたこと、幼くしてご病気で
    亡くなってしまわれたことを読んでいたので、楽しく絵本
    を読みながらもいつでもちょっとしんみりしてしまうのです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらとすみれちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(152人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット