うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ぐりとぐらとすみれちゃん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらとすみれちゃん 作:なかがわ りえこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784834006339
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,436
みんなの声 総数 152
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かぼちゃは絵になる

    すみれちゃんという女の子、可愛らしいけれど、かぼちゃの割り方はとてもユニークです。子どもらしい発想なのでしょうか?包丁でも歯が立たないとても大きくてかたいかぼちゃ。すみれちゃんはとても力持ちで、そのかぼちゃを放り投げ、見事に割ってくれました。

    かぼちゃは、種をまいて、芽が出て、葉が出て、花が咲き、実が出来る。そしてその実がだんだん大きくなって、地面にごろんと転がるかぼちゃ、その大きくて重いかぼちゃの収穫、様々なスイーツに形を変えて・・・というように、その過程がとても絵になると思います。

    ニンジン葉もきちんと描かれていて、普段食卓に上る野菜の種・花・葉・実の出来方なども、子どもたちは絵本のストーリーを楽しみながら、同時に知らず知らずの間に、絵本の挿絵から覚えていったりするのだろうと思います。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃ割り、やってみました!

    「ぐりとぐら」は本当にいつも美味しそうなお料理を作ってくれます。
    今回は「かぼちゃ」のお話です。かぼちゃのプリンにかりんとう、コロッケにドーナツ、蒸しパンにおせんべい・・・どれも美味しそうです。子供達は、これがドーナツかな?蒸しパンかな?とみんなが食べているページにくぎ付けでした。

    すみれちゃんが、かぼちゃダイナミックに割っていた場面が気になったようです。
    「やってみたい〜」というので、ちょっと冒険でしたが家にあったのでお庭でやってみました。
    3回目でブリッと割れました。案外いけるもんですね。

    ハロウィンの時期にピッタリな1冊、我が家の子供達の良い思い出にもなりました。
    種はぐリとぐらの様に植えないで、乾燥させて中身を取り出し火で炒って頂きました。
    とっても美味しかったです!!

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナゾは深まる・・・

    ぐりとぐらのところに大きなカボチャを持ってやってきた、すみれちゃん。

    このカボチャ、あまりの大きさに包丁でも歯が立たないほど。
    カボチャ切るのって、本当に大変なんですよね・・・。

    おおっ!すみれちゃんスゴイ☆真っ二つ。
    なるほど、こんな方法もアリか・・・。と、思わず感心してしまいました(笑)

    楽しい楽しいカボチャのお話。
    でも、すみれちゃんは一体誰なのか・・・。すみれの花の精??
    そして、何故カボチャを持ってきたのか・・・。ナゾは深まるばかりでした。
    でも、面白いし、美味しそうなお話です!!

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • すみれちゃんは・・・

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、女の子6歳

    我が家の子供達の大好きなぐりとぐらシリーズですが、このすみれちゃん先日お初で読みました!
    と思ったら発行が2003年になっていたんでやや新しいんですね。
    おおそうじも読んで無くってこれが一番最近発行されているようですね?
    なぞが多いぐりとぐらシリーズですが、すみれちゃんも・・・またなぞ・・・
    すみれちゃんは・・・・ぜひ読んでみてください!

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなかぼちゃ料理!

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    食べることが好きなぐりとぐらは畑仕事をして、かぼちゃを作ろうと考えます。
    そんなところにすみれちゃんがやってきて、大きなかばちゃをリュックから出します。なんていいタイミングでしょう。

    大きくてかたいのでほうちょうでものこぎりでも切れない、ってぐりとぐらがかんがえるところは「ぐりとぐら」で大きな卵を割るときのことを思い出します。私に任せてと言ったすみれちゃんはどうするのでしょう?かなり豪快です。

    かばちゃがちゃんと割れて、みんなでいろんなかぼちゃ料理を食べているところは本当においしそう。

    ちなみに、ぐりとぐらが「世界にひとつしかないすみれかぼちゃ」って言うのを聞いた6歳の長男は、最後にぐりとぐらが4つ種を植えているところで「世界で4つになるね」と言っていました。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の野菜

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ぐりとぐらはずいぶん小さな頃から読んでいますが
    小学1年生の教科書のはじめの詩が なかがわりえこさんのものだったので長女はますますぐりとぐらに親しみを覚えて大好きになったようです。

    ぐりとぐらは 本当に器用なんですね。
    人参といんげん豆をせっせと畑で育てています。
    人参は、きちんと間引いて、いんげんは蔓を誘引して お世話しています。

    次はかぼちゃを育てたいなぁと思っているところに、スミレちゃんがかぼちゃを持ってやってきます。

    長女はこのお話を読んで、ぐりとぐらのように、かぼちゃの種を撒いてお世話がしたいそう。

    この春は、一緒にあさがおとひまわりの種を撒きました。
    土をやわらかいベットにしてきちんとぱらぱら撒けるようになっちゃって、子供の成長の早さを感じました。
    この夏はかぼちゃ係に任命しようかな。

    掲載日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらとすみれちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(152人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット