大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ないた」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ないた 作:中川 ひろたか
絵:長 新太
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784323070476
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,523
みんなの声 総数 89
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 泣く気持ちを考える絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    中川ひろたかさんと言えば、「ピーマン村」シリーズがつとに有名です。
    長新太さんは、「きゃべつくん」「ごろごろにゃーん」等のナンセンス絵本で知られています。
    そんな二人が、「泣く」という気持ちに関して、考えさせる絵本として世に送り出した絵本です。

    帯にあった中川ひろたかさんの言葉が秀逸でした。
    「ぼくは、こどものころは、ひどいなきむしでしたが、
    おとなになると、あんまりなけません。

    ぼくは、こどものころのように、
    まいにち、なけるようなひとになりたいのですが
    どうも、うまくいきません。

    おとなになってわかったことだけど、
    すぐになけるのって、すばらしいことなのね。
    まいにちなけるなんて、かっこいいことなのよ。

    ひとには、いろんな「なく」があって
    いろんな「なみだ」があります。
    「なく」ことについて、すこしかんがえてみようかな」

    前半は、ぼくが色々な理由で泣くシーンが展開します。
    後半は、おとうさん、おかあさんに言及していて、おとなは泣かないと結んでいます。
    泣くのは子供の仕事とさえ言われ、子供は、確かに泣くことによって、その辛い思いをきれいさっぱり流しているような気がします。
    そう考えると、子供の泣く行為をたしなめるというのは、親の不用な行いなのかも知れません。
    素直に自分の感情を泣くことによって表現出来ることは、実は、凄く素敵なことであって、子供の特権と思える、そんな印象を持ちました。

    子供と一緒に泣くことについて考える良い機会になり、大人にとっては、子供が何故泣くのかを考えさせられる絵本として、オススメします。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人の方が泣くんだよ

    娘もよく泣きます。
    主に悔し涙。思い通りにならない、思い通りにできないといった涙です。
    でもこの絵本の中の「くやしくて ないた。」のその悔しさとは
    違うように思います(笑)。というか、こんなシチュエーションは
    滅多になさそうな(笑。と言いながらも、私は鳥の糞を肩に直撃されて
    悔しかった思い出はありますが)。
    だから、娘は、よく泣くとは言ってもこの絵本の中のいろんな
    「なく」は「そうなんだよねえ」とは思ってはいなさそうでした。

    大人になっても、でも泣くんだよ。
    私は大人になってからの方がむしろたくさん泣いています。
    小さい頃、大人が泣くのがすごく不思議だったけれど、大人に
    なってみてよくわかりました。
    いちにち いっかい  とまではいかなくとも。
    その気になれば?いちにち いっかいでも涙は出てしまいそうに
    なります。
    でもいいよね。泣くってことは、心がやわらかいってことだよね。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人はなんで泣かないの?

    長女がこの絵本を読み終えて言った言葉。
    「大人はなんで泣かないの?」

    大人だって泣きたいときがあるはずなのに、めったに涙を見せることはありません。
    そしてこの絵本と一緒で子供は一日一回泣くのは全然珍しくないこと。

    子供は泣くことでしか伝えられないことがあったり、精いっぱいの自己表現をしているんだなぁと改めて考えさせられました。

    大人は自分の考えを泣いても伝えられないことを知ってるから、めったに泣かない。
    言葉をかき集めて、整理して伝える。

    子供はそれが難しいんだよなぁって。
    一日一回泣いてしまうのは、伝えたくて、でも思うようにいかなくてはがゆい表現なんだなぁって。

    長女は本当によくグズりよく泣く子でした。
    最近でこそだいぶ落ち着いてきたけど、言って聞かない、いやなことがあったらすぐ泣くという姿にとっても疲れていた当時。

    当時の余裕のない自分の感情をちょっぴり反省させられた絵本でした。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣くのってエネルギーいるよね

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子2歳

    長谷川さんの絵本ライブに行ったとき、
    「おこる」を長男が気に入り、購入してサインしていただいたのがきっかけで
    同じ中川ひろたかさんが作者で
    気持ちを扱う絵本ということで、「ないた」も選びました。

    長新太さんの絵も、男の子の気持ちを代弁しているかのようですね。

    私、子どもたちを叱りすぎて
    なんで言うことを聞いてくれないの〜などと考えていたら情けなくなって
    子どもたちの前で泣いてしまったこと、何回もあります。

    子どもってほんとよく泣きますよね。
    1日1回以上は絶対! 的を得ているなぁと思います。
    泣くのって、すごくエネルギーがいることで、
    大人が、ちょっとくらい悲しい程度じゃ泣けないのは、
    損得勘定でエネルギーの出し惜しみをしてしまったり、
    そもそも物事を知りすぎて、諦めることを覚えてしまったり・・・

    そう考えると、子どもが泣くのは、素直で正直で打算がないからで
    悪いことじゃないんだなぁって思えるようになりました。

    つまり、私が子どもの前で泣くのも、たまにはありかなって。
    それだけ感情をぶつけ合って子育て・親育てしているってことですもんね。
    まぁ、いいことじゃないかもしれないけど(^^ゞ

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今まで気づかなかった不思議

    この本を読んであらためて泣くという状況が沢山あることにきづきました。
    あかちゃんの頃からですから…。

    悲しい時、怒られた時、嬉しい時、恐い時、喜んだ時、感情は別物なのに涙が出てくるのはなぜなのでしょうか?

    そう言われれば不思議ですよね。
    涙って感情が高ぶった時、でてくるのかな?

    大人はこどもとするとあまり泣きませんよね。 自然とがまんしているのかなぁ?それとも泣きたいけどはずかしいだけ?

    どうしてかは結局分からずじまいでしたが色んな泣く!が書かれていて共感持てる部分が多かったです。

    このあと、子供と一緒にどうして涙が出るのか話し合ってみるのも面白そうです。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣くって奥深い

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    子どもにとっては当たり前の、そして小さい子を持つ親にとってはイライラの種でもある「泣く」という行為。
    こんなに色々な理由で人は「泣く」んですね。
    娘は自分と重ね合わせるせいか、ちょっと恥ずかしそうに笑いながら聞いていましたが、親の私は、だんだんと泣かないで済ませられることが多くなり、子どもたちは大人になっていくんだろうなぁとしんみりした気持ちになりました。
    「泣く」という非常に個人的な行為を、客観的に見せてくれる面白い絵本です。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ないた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット