ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

おれはティラノサウルスだ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おれはティラノサウルスだ 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784591079256
評価スコア 4.79
評価ランキング 370
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 内容に感動して・・・

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子6歳

    子供は、宮西さんの絵に惹かれて選んだようです。
    読み聞かせているうちに感情が高ぶってついウルウル。
    しかし、子供は内容が少し難しかったのか、「何でママは悲しくなっちゃんだろう?」という感じでした。
    相手を思いやっての行動、といったことを感じ取るには少し難しかったようです。
    もう少し、大きくなったら、是非、もう一度読み直して欲しいと思っています。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎回ラストで泣いちゃいます。

    『おまえうまそうだな』と一緒に図書館で借りて読みました。
    『おまえ・・・』も良い話で好きですが、この作品は読み聞かせの時に毎回泣いてしまいます。3歳の息子は内容は理解は出来ていないようですが大変お気に入りなので、子供に悟られない様に今は寝る前の最後の本として読んでいます。プテラノドンの子供が赤い実を持って帰ると怪我していたティラノサウルスが魚をくわえて立っている・・・そこからもぉダメです。声が震えるのを抑えるのが精一杯。でも私の目からは涙ボロボロ。切ない話ですが深くて大好きな作品です。 プテラノドンの助けたいから助けるという素直な思いと行動、ティラノサウルスの気付いていたけど気付かないフリをする優しさ。元気になったからお礼を・・・。結局はお互いの思いは通じる事はなかったけど、そんな考えを持っている2ひきだから通じる事は出来なくとも繋がっている気がしました。早く息子が内容を理解出来ると良いな。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お互いを思いやる気持ち

    プテラノドンの子供は、お母さんお父さんの言うことをよく聞いて、とっても優しくて思いやりのある子に育ちました。「プテラノドンの子供みたいに、思いやりのある子になってね。」って言うと、「うん」って言ってくれました。大きくなってもその気持ち忘れないでね。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさがつたわります

    ティラノサウルスの2作目です。
    プテラノドンの子が親の教えを忠実に守り、ティラノサウルスと数日を過ごします。
    「どんなひとでも こまっていたら たすけてあげるのよ」
    このお母さんの言葉が娘にはぐっとくるようで、数回読んだだけで覚えてしまいました。
    しかし、3歳なりたての娘には、最後のティラノサウルスの悲しい叫びはあまり関心がないようで、「魚の目が痛いよって言ってるね」ばかり・・・
    本当に深く理解するには、小学生ぐらいがオススメかもしれませんが、おもしろいだけでなく、心温まるストーリーなので、大人にもオススメです!
    小さいときから時たま読んでいくと子どもの成長も感じられる1冊かと思います。

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいティラノサウルス

    せつない、やさしいお話でした。
    プテラノドンの子供が大事に育てられ、巣立つ時、親がいなくなってしまって残され泣き疲れてるとこにティラノサウルスが襲いかかる。
    自然の流れ。でも絵本。
    噴火がおきてティラノサウルが岩山の下敷きに、それを助け介護するプラテノドンの子。最後はティラノサウルスが回復するけどありがとうを伝えられずに別々の道へ。
    娘たちは恐竜の怖さは知らないし、どちらが強いとか食べられてしまうこととかまだよくわかっていないのですが、この絵本が大好きで、何度も読んでと持ってきます。
    プテラノドンの親が子供に強く、やさしくと育てるのは親として一緒なので、巣立ちの所は悲しかったです。私はできないな〜と・・

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと伝わる

    巣立ち間もないプテラノドンの子供が
    母の言いつけを守って「困っている人には親切に」を体現する物語。
    その困っている人とは、自分を食べようとしたティラノザウルスなのですが
    こわさを抑えて世話をするうち、お互い口にはしないものの、
    理解しあい、心の交流が見られたのに
    最後の感謝の言葉も聴かないまま、初めての飛行を成功させるプテラノドン。
    恐竜という設定が、食わず嫌いにさせてしまう感のあるこのシリーズですが、
    ぜひぜひ一読することを、声を大にして叫びたいような心境です。

    掲載日:2008/05/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おれはティラノサウルスだ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(80人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット