もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

リディアのガーデニング」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

リディアのガーデニング 作:サラ・スチュワート
絵:デイビッド・スモール
訳:福本友美子
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784900656307
評価スコア 4.88
評価ランキング 28
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの明るさと植物にはパワーが

     こちらのレビューを見て、図書館でさがし読みました。
     世界恐慌時代のアメリカのお話。

     父親が失職したのか、町でベーカリーをしているジムおじさんに預けられたリディア。

     店の手伝いをしつつ学校にも通わせてもらっているリディア。

     でも、ジムおじさんにはいつも笑顔がありません。

     家にいた頃から、花を育てる楽しさを知っていたリディアは…。


     生活が困窮している状態では、だれも花を飾ったり絵を鑑賞しようなんて思いもおよびません。
     ジムおじさんの不機嫌な顔は、世を憂いてのことと思います。
     
     子どもなりに、親には心配をかけぬよう、おじさんには笑顔を取り戻させようとする様子が、手紙の形をとって読者に伝わってきます。

     一見快活でポジテイブな性格に見えるリディアは、これまで花を愛することをおばあちゃんからおそわり、繊細な心配りを身につけてきたように思われます。

     リディアの秘密の計画が、着々と進みおじさんの家の様子が変わっていくところが、素敵です。

     彼女の存在が、花と共に周囲の人を明るくしていく終盤が読んでいて
    心地よかった。

     プラットホームのシーンは、涙ぐんでしまいました。
     オーチス(猫)が、「こういうことになったか」と、見返し(後ろ)を見て、「良かった良かった」と息子。

     子どもの明るさと、育てる人の懸命さを裏切らない植物は、大人の心に灯をよみがえらせるパワーがあるんだと改めて思いました。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「リディアのガーデニング」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

とんことり / とけいのほん 1 / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / おこだでませんように / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット