だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

くれよんのくろくん」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

くれよんのくろくん 作・絵:なかや みわ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784494008926
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,320
みんなの声 総数 314
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 深く考えずに「お絵かき楽しい!」

    うちでは、全然クレヨンでおえかきさせてあげてなかったのですが、
    これを見てお絵かきしたい!やらせてあげたい!
    と思いました。
    箱から飛び出して真っ白い紙を見つけたくれよんが、
    「うわわ!」と思わず絵を描く・・・
    「え、なんで?」と一瞬思いましたが、
    真っ白い紙にツラツラっとなぐり書きしてくのって、
    楽しかったよなぁ、と子どもの頃の気持ちを思い出しました。

    この本の評価が低い方の意見を読んでみたときに、
    「最後は仲良くなるけど、それまでに仲間はずれにしてるのがちょっと・・・」
    というような感じの意見や、
    「親が気に入ってるだけでは?」といった
    なんだか納得できない部分がおありの方があるようでしたが、
    この本のテーマの一つと思われる「それぞれの個性を大事に・・・」
    ていうのと同じで、子どもでも気に入る子、気に入らない子、は
    いるとは思います。

    でも、ほとんどクレヨンを使ったことのない、うちの子でも、
    なんだか楽しそう、という感じで何度も繰り返し読みたがったのは事実です。
    頭を床にゴシゴシして、「お絵かきする!」とジタバタするあたりは、
    「間違ってます・・・」と思いながらも、
    それだけこの本が楽しかったんだろうな、と思ってます。

    1歳半で、ちょっとこの本は長いかな、と思いながらも
    深く考えずに見せてみたら意外な程喜んだ、という感じでした。
    絵もかわいく、擬音いっぱいでテンポよく進むので、
    読むのも楽しいと思います。

    掲載日:2008/12/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • ぐちゃぐちゃ!

    新品のクレヨン。
    クレヨンたちは、次々に画用紙に絵を描いていきます。
    みんなとっても楽しそう。
    でも、くろくんだけは、仲間に入れてもらえません。
    クレヨンたちがお絵かきに夢中になっていると、みんなが好きなように描きすぎてめちゃくちゃに!
    そこへ、シャープペンのお兄さんがやってきました。
    一人ぼっちで寂しかったくろくんの出番です。
    それからは、大人も驚きの結末!
    「くろくん、ごめんよ。」
    クレヨンたちはくろくんに謝って、仲直りができました。

    お絵かきをしたい、と要求することが増え、色の名前を覚え始めたこのごろ読むのにちょうどよい、と思い購入しました。
    案の定、クレヨンを指差しては「あお」「あか」と嬉しそうです。
    また、お友だちとの関わりたい気持ちが強くなり、おもちゃの取り合いも多くなっている今日この頃。
    途中、寂しそうに座っているくろくんや、最後に仲直りできたクレヨンたちに焦点をあてると、くろくんをなでたり、仲直りを喜んだりできるようになりました。
    お友だちとのコミュニケーションも学べているようです。

    が、一番大好きなのはクレヨンたちの絵がめちゃくちゃになるシーン。
    読むたびに「ぐちゃぐちゃ!!」と言って大興奮。
    自分がお絵かきをするときのクレヨンのタッチも豪快になってきて、減りが早いような気がします。
    どこに興味を持つか、わからないものですね。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色を覚えた!

    • りかっちぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子6歳、男の子4歳、男の子1歳

    長女の出産祝いにいただきました。

    1歳半くらいで初めて読みました。

    最初反応が薄かったと思いますが、 読んでいるうちに毎日何度も読むように。

    色もたくさん出てくるので、黄緑とか黄土色はここで覚えたようなものです。

    だいたい覚えたところで、
    この色なぁに??とか、
    この色君は何色を連れてくるんだっけ??と

    クイズ形式にして遊んでいました。

    花火のページでは、めくるのをためて…
    『バーン!!』とめくると何が出てくるかわかっているのに、
    毎回花火!と盛り上がっていました。

    現在、読み過ぎてボロボロですが、テープで補強して、
    自分で読んでいます。
    小学生の今でも子供は大好きな本です。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • オンリーワンのくろくん

    黒色のくれよんが自分らしさを見つける話。

    それぞれの色のクレヨンが自分らしく木を描いたり空を描いたりしている中、黒色のくろくんだけは、他のクレヨンと違って何も描けない。

    ところが、他のクレヨンたちが喧嘩を始めたのをきっかけに、くろくんの活躍の場が・・・。

    大人も読んでいて楽しい絵本です。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色の名前も覚えられて一石二鳥!

    • ななわんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子 2歳、男の子 0歳

    娘に初めてクレヨンを買ってあげた頃に本屋さんで見つけ購入しました。ちょうど色の名前も覚え始めた頃だったので、色とりどりのクレヨン達に興味津々。「この子は赤だね」とか「こっちの子は黄緑?緑?」と色の名前もどんどん覚えるようになりました。
    お絵描きする時も「黒も使わないとくろくんかわいそうだから」と色々な色を使って描いています。どうやら思いやりの心も育っているみたいです。

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無駄なものはない

    画用紙をそれぞれの色のくれよんが絵で埋めていく中、
    くろくんだけがのけものにされてしまいます。

    くろくん以外のくれよんが、自分たちだけ好きなように好きなだけ絵をかいていたら、まとまりがない絵でぐちゃぐちゃになってしまった

    そんな時、助っ人が。
    くろくんがいてよかったってみんなで言える結末です。
    この世に無駄な存在なんてきっとないと思わせてくれる絵本。

    まだ息子は内容を理解していないと思いますが、
    この絵本のメッセージを理解できるようになってほしいな。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本で色の名前を覚えました!

    この絵本を読むようになってから、子どもは前以上に絵を描くことに興味をもつようになり、今では、「ピンクちゃん…」「くろくん…」などと言いながらクレヨンを手にとっています。ものを擬人化するのが好きな子どもの特徴をよくとらえた絵本だと感じました。色もこの絵本をきっかけに覚えました。

    登場するクレヨンたちの動きを見ながら同じ格好をしたりして笑わせてくれることもあります。色々な使い方ができるな〜と思いました。

    ストーリーも深い内容で、大人は「どのクレヨンが自分に近いか…」なんて話をして盛り上がったりしています。

    今や我が家になくてはならない絵本です!

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花火のページがお気に入り!

    • のなさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子1歳

    心温まる、とっても素敵なストーリーです。

    でも、まだ1歳の娘にはちょっと難しい。

    それでも、くれんよんたちのカラフルな絵が楽しいらしく、1歳になったばかりのころから、めくって絵をながめては楽しんでいます。
    読み聞かせは、最初の5〜6ページくらいしか聞いていなくて、ぜーんぶ飛ばして、最後の花火のページばかりをみています。

    旅行先でみた花火を鮮明に覚えているらしく、花火のページをひらいては「ばーん」と言っています。

    いつになったら、くれよんたちがみんなでえがいた花火だということがわかるようになるのかな?

    娘の成長とともに楽しめる絵本になりそうです。

    掲載日:2008/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くれよんのくろくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット