しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

もりへいったすとーぶ」 大人が読んだ みんなの声

もりへいったすとーぶ 作:神沢 利子
絵:片山健
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年03月
ISBN:9784939029035
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,455
みんなの声 総数 14
「もりへいったすとーぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 健気なストーブくん

    夏中物置で暮らすのが飽きたストーブくんは、誰かの役に立ちたいから

    立ち上がりました。やっぱり働き者のストーブくんは、自分から仕事を

    見つけて誰かの為に役にたちたいのだと思いました。町では、夏だから

    敬遠されてしまったのですが、森へ行って毎日楽しく暮らせてよかった

    と思いました。忙しいおかあさんから子供たちを預かって遊んだり、う

    さぎやりすやたぬきや小鳥たちのお馬になったり、お家になったり、

    時々、パンを焼いたり、林檎をやいたりして忙しくして張り切っている

    ストーブくんです。やっぱり、幸せは自分から見つけるものだと思いま

    した。皆と一緒にいられるし、働き者のストーブくんが居場所があって

    よかったと思いました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひゃ〜、懐かしいスタイルのストーブだ〜

     ひゃ〜、懐かしいスタイルのストーブだ〜。
     と、思い手に取りました。
     『薪かな?石炭かな?』なんて考えながら最初に奥付を見たら、神沢先生は、ご幼少の頃、樺太・そして北海道で過ごされたそうです。
     「なるほど〜」と、うなりながら読みました。
     もはや、このあたりでもなかなか見かけません。

     夏に暇をもてあましたストーブ君が、物置から飛び出し町へ仕事さがしに…。
     ひょんな事から、森へ…。

     働く事が好きなストーブ君と言うところで笑いました。
     森へ行き、求められる存在となっていくストーブ君の幸せそうな様子に、よかったよかった。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心も温かいストーブくん

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    夏は出番のないストーブ、物置で暮らすのがいやになり、まちに出て、「誰か必要ありませんか。」を声をかけますが、だれも相手にしてくれません。
    歩き回っているうちに、ころころ転がって、森の中へ入ってしまいました。

    夏だから、ゆっくり休めばいいのになと思ったのですが、働き者なのでしょうか。森へ行き、新しい仕事があり、大喜び。
    素敵なお話、あたたかな心、そして柔らかい絵に、心までも、とっても温かくなりました。

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりへいったすとーぶ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット