こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

おおきなけやき」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

おおきなけやき 作:林 木林
絵:広野 多珂子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年01月15日
ISBN:9784790252221
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,706
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然の営み

    一本の大きなケヤキが倒れてから土に帰るまでの物語。
    長い長い年月の中で、自分を受け入れていく語りがとても味わい深いお話です。
    森の中で一番高く空に近かったケヤキは、草や虫たちから高い場所から見た景色がどうだったか質問されたとき、キジバトの方が知っていると、とても謙虚です。
    ケヤキは自分が一番だったことを威張るのではなく、草木や動物たちを受け入れていきます。
    ケヤキはいろいろなものから親しみをもって語りかけているのですが、ケヤキの人間性(?)によるのでしょうか。
    ケヤキは落ち葉や花に埋め尽くされて、感慨にふけります。
    吹雪の中で、クヌギにケヤキが偉大だったと語りかけられて、若いブナの木が頑張っていると答えます。
    この本は自然のあるがままを見事に描いています。
    登場者はほとんどない、自然の風景に木の言葉が重ねられている絵本なので、目先の変化やリズム感はありません。
    子どもにとっては少し難しいかもしれませんが、大自然の営みとして理解してもらえたら、作者の伝えたかったことがとても大きなことだとわかるのではないかと思います。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 命はずっと

     命が終わることを、悲しいとかさびしい、と思わずに前向きにとらえられます。

     倒れたけやきが、いろとりどりの落ち葉に包まれているのが、しみじみしました。
     長く生きて、いろいろな経験をしてきたけやき。倒れてから、また新たに感じることがたくさんあるんですね。

     個体としての自分はいつか朽ちてしまうけれど、命はずっと続いていることがわかるお話でした。

     小さい子どもから大人までおススメの絵本です。ゆっくり読みたいです。

    掲載日:2011/08/10

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきなけやき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット