十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ヒギンスさんととけい」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ヒギンスさんととけい 作・絵:パット・ハッチンス
訳:たなかのぶひこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784593600380
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,861
みんなの声 総数 33
「ヒギンスさんととけい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気づけるかな

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男が読みました。

    ヒギンスさんが家のあちこちに置き時計を置くものの、一つの時計で時刻を確かめた後、別の場所に置いた時計を見ると、少し進んでいます。見に行くまでにいくらか時間がかかるので、当然なのですが、それが伏せられたまま話は進みます。

    最後にヒギンスさんは懐中時計で確認してまわってようやく納得するのですが、そのおかしさに気づけるかどうか、ですね。

    息子は気づいて笑っていました。おもしろいところをついた本だと思いますが、そういうことに気づくようになった子が、何度も繰り返し読んで楽しむかというと・・・一度読んだら終わりかもしれません。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間に興味を持つ時期に

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

     息子が小学生1年生で、まだ時計の読み方が分かっていなかったときに、この本とは少し違うヒギンスさんのようになっていました。

     毎朝毎朝、あわてて起きてきては、「おくれてる?おくれてる?」、朝食をとりながらも「おくれてる?おくれてる?」、家を出るときにも「おくれてる?おくれてる?」と常に聞いてきた時期がありました。
     そのたびに私は「今は短い針が7で、長い針が5だから、まだ7時25分。おくれてないよ。」というふうに、声をかけ続けました。
     それが毎日だと私のほうも疲れてきて、早く正しい時計の読み方を覚えてほしいものだと思っていました。
     
     そんな時にこの本をちょうど見つけたので、きっと興味を持ってくれるだろうと、購入しました。時計や時間に興味を持ち始めた子どもにはぴったりだと思います。

     この本で、時計が読めるようになるというものでもありませんが、おもしろさは充分に理解できたようです。
     その後、息子もいつとはなしに、時計が読めるようになっていて、私も平穏な朝を迎えられるようになりました。
     
     絵もとても豪華な感じで気に入っています。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ヒギンスさんととけい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット