しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

わらのうし ウクライナの昔話」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

わらのうし ウクライナの昔話 作:内田 莉莎子
絵:ワレンチン・ゴルディチューク
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年09月
ISBN:9784834015577
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,197
みんなの声 総数 16
「わらのうし ウクライナの昔話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ウクライナの昔話

    ウクライナの昔話、ということです。
    「てぶくろ」が思い出されますが、このお話も面白かったです。
    昔話が豊富な地域なのですね。
    クマやオオカミを閉じ込めておいて「どうするのだろう?」と不思議に思いながら読んでいましたが、動物の恩返しとでも言うのでしょうか。
    おじいさん・おばあさんが、幸せにくらせるようになって良かったですね。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 訳がいい!絵がいい!

    • 川萬さん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県

    子供は「繰り返しが好き」といわれますが、この本では、登場するくま、おおかみ、きつね、それぞれの違いがちゃんと表現されていて感心します。学年のあがった子供でも大人でも、全く飽きない、無駄のない文章で、読みやすく、聞きやすい、よい絵本だと思います。
    最後にわらのうしがどうなったのか?子供の心を見逃さない、裏表紙までお話しが続くすてきな絵本です。

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいお話

    最後にちょっと驚きました。幸せを運んできた功労者のはずなのになあというところで。

    おばあさんが何を思ったのか、わらのうしを作ろうと思ったことがきっかけで運命が変わっていきます。

    一瞬のひらめきにしてはすごいなあと思いました。

    日本だと親切にしてあげたから、幸せがめぐってきたとかになりそうですが、これは棚からぼたもち的で、万事都合よく運ぶのがご愛敬でしょうか。

    お国柄が反映されているのかな。おもしろいお話だと思いました。

    掲載日:2009/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わらのうし ウクライナの昔話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ヒギンスさんととけい / あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット