大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

番ねずみのヤカちゃん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

番ねずみのヤカちゃん 作:R・ウィルバー
絵:大社 玲子
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784834010992
評価スコア 4.88
評価ランキング 23
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ヤカちゃん役を息子に任せ

     楽しい幼年童話です。
     ドドさんという人間の家に4匹のこねずみと住みついているねずみのお母さん。
     ドドさん夫婦に気付かれぬように、静かに静かに子育てをしてきました。ある日お母さんは、子どもたちに自立を促します。
     自立と言っても同じドドさんの家の中での事ですけれど(笑)。

     自立にあたって、お母さんは子どもたちに大切な注意をします。
     中でも大切なのは、けっして音を立ててはいけない事。
     ねずみがいるとドドさんたちにわかったら、ねずみ獲りをしかけられるから。
     そこでお母さんは、ねずみ獲りに引っかからないようにと、注意を歌で伝授。
     「猫に注意」も歌で。

     こそこそ話すお母さんに小さな声で応える3匹のこねずみ。
     でも、ヤカちゃんはとにかく大きな声「わかったよ。」と応えます。
     全然わかってないじゃん。と、つっこみを入れたくなるこの楽しいやりとりの繰り返し。
     でも、大きな声が功を奏し、・・・。

     ちょっと長いので、2年生くらいから一人読みができそうです。
     でも、我が家ではヤカちゃん役を当時6歳の息子に任せ、一緒に読んで盛り上がりました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    4
  • ヤカちゃんが番ネズミになったわけ

    有名な絵本ってことで読んでみたんですけど、絵本ナビでも配本リストに組まれているだけあって、本当に楽しくて素敵な絵本でした。
    息子は、ヤカちゃんの大声の度に喜んで聞いていました。
    番ネズミって最初は意味がわからなかったんですが、なるほど〜。ドドさんからも頼りにされて共存することになるラストがとてもほっこりします。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大声も、悪い事だけじゃなかったね

    ずっと気になっていた一冊。
    少し長い文章も読めるようになった息子に、独り読み出来るかも?と購入しました。

    最初は私が読んで聞かせたのですが、
    ヤカちゃんの声の大きさに息子は大ウケ。
    『やかましやのヤカちゃん』。
    成る程ね。これが名前の由来だったのね。
    そして、このヤカちゃんの声の大きさが思わぬ威力を発揮する訳です。
    声が大きいのも、悪い事ばかりじゃないんですねっ!

    息子も私もお気に入りの絵本です。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 役にたったヤカちゃん!

    4人兄妹のねずみのお話です。
    その中でもだんとつ役にたったのは、ヤカちゃん!
    なぜ役に立つのかは、数ページめくるとすぐわかります^^

    ある夫婦の家にすむねずみ一家。
    その夫婦にばれないように住み続けるにはどうすれば良いか、とお母さんがみんなにお話します。
    結局ヤカちゃんのお陰で住み続けることができるのですが。

    初めて長いお話を6歳の娘に読んであげました。
    最後まで興味深々で、どうなるのかじっくりと聞いてくれました。
    ヤカちゃんの行動にもとても共感できるものがあったようです。

    掲載日:2014/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大声すぎるびっくりヤカちゃん

    ちょっと頭が悪そうなダメダメねずみのヤカちゃん、、、でも、ねずみとりみつけたー! 猫がいたー!、みたいな、大声はダメって言われたのに大声でみんなに知らせるヤカちゃんはかわいい!

    でも人間に声が聞こえるねずみってすごいなあと思います。

    そして、次に見つけたのは。チーズを食べようとする泥棒!!!そこですかさず ぼくのチーズ!!泥棒! という内容を叫びます。こら、それは君のチーズではないよ、、、と心でツッコミ入れながら読みますが、結局、泥棒はびっくりして逃げるのでめでたしめでたし。さらに、感謝した家主のドドさん一家に毎日チーズをもらえるように、、、。

    めでたしめでたしですが、面白いヤカちゃんに、娘は大うけでした。

    掲載日:2014/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヤカちゃんみたい!

    とってもかわいいねずみのファミリー。ヤカちゃんの大きな声に兄弟たちも私も子どももハラハラドキドキします。でも最後にはとってもハッピーになれますね。
    この本を読み聞かせながら私は心の中で、うちの子どももヤカちゃんみたいだなぁ、と思っています。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワハワハ笑っちゃいました。

    いろんなところで、オススメと紹介されていたけれど、
    なんとなく手に取らずに来てしまったこの本。

    読んでみたら、さすが!親も子も魅了されてしまいました。

    番ネズミって?
    ヤカちゃんって?
    読んでいけば、ちょっとわかりにくかった題名が、なるほど〜と納得できます。

    息子は、ヤカちゃんのせりふを読むたびにワハワハ大笑い!
    あまりの興奮に、帰宅直後の父に
    「いまさぁ、ヤカちゃん読んでもらったけどさぁ、
    しずかに!って言われるのにさぁ、アハ、アハ、」と笑いながら話していました。
    (父はチンプンカンプン・・・)

    ヤカちゃんの大活躍が爽快で、読んだ後も楽しい気分になれました。
    ぜひ読んでいただきたいと思いました。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキしながら読みました

    声の大きいヤカちゃん、いつつかまってしまうのか
    ハラハラドキドキしながら読みました。
    声は大きいけれど、お母さんの言いつけを守る
    しっかり者のヤカちゃん。

    最後には、毎日チーズをもらえるようにまで
    かわいがってもらえるようになりよかったです。

    挿絵がないページも多いですが、夢中で
    読める本でした。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「番ねずみのヤカちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / バムとケロのおかいもの / おまえ うまそうだな / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット