しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

番ねずみのヤカちゃん」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

番ねずみのヤカちゃん 作:R・ウィルバー
絵:大社 玲子
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784834010992
評価スコア 4.88
評価ランキング 23
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「母」に声を出して読んでもらいたい作品。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    うちの上の子は少々地声が大きいので、
    この本を読み終わった後に「あなたはヤカちゃんみたいだね」といったら、「あー、そうだね」と、認めていました。
    最終的に、ヤカちゃんはねずみとしてはひどくマイナスな個性を
    プラスに変換することができて、素敵なラストを迎えます。
    うちの子も、声の大きいことが、将来よい方向に向いてくれるといいなぁと、つくづく思いました。

    それにして、番犬ならず番ねずみとは!
    作者も奇想天外なことを考えたものです。
    短くすっきりとまとまっているストーリーも、ミュージカルのようなねずみ母の「危険なものを教えてくれる歌3部作」も、読んでいる子どもの心を惹きつけれくれる気がします。
    ストーリーテリングの作品としてもよく使われている。というのが、読んでみてわかりました。
    お話によっては、目読するだけのものより、絵本のように人に声に出して読んでもらった方が情景がわいて、楽しくなる作品も多いんですよね。このお話はまさに読んで楽しい!ものです。

    そんなに長い話ではないので、お母さんが読んであげるのもいいと思います。
    お父さんでも悪くはないのですが、
    ねずみ母の歌があることで、お話が盛り上がってくるので、
    やはりここは「お母さん」に読んでもらいたいですね。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり大好き

    この絵本は、私が幼稚園の頃に劇をしたお話です。
    どのような劇をしたかは、全く覚えていませんが、先生が読んでくれたお話は、記憶に残っています。

    そして、あれから10年ほど経った今。
    ついこの間、小さな小さな絵本屋さんでこの絵本を見つけました。
    「あっ……!!」 と手に取り、すぐに買うことを決めました。

    家に帰り、ゆっくりと本を読むことにしました。
    幼稚園の頃を思い出しつつ、でも本の世界に入り込んで。

    この本は、今まで読んだ児童書の中でも1番大好き。
    何年、何十年経っても、大好きな本というのは変わらないものなのでしょうか。

    掲載日:2014/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「番ねずみのヤカちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / バムとケロのおかいもの / おまえ うまそうだな / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット