大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

きつねのよめとり」 大人が読んだ みんなの声

きつねのよめとり 作・絵:大友 康夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\662+税
発行日:1990年
評価スコア 4
評価ランキング 18,695
みんなの声 総数 5
「きつねのよめとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 東北訛りがきつかったけど、面白い作品!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    先日、福音館から出ている「こどものとも」の50年分を記録した『おじいさんがかぶをうえました』という本を読んで、この絵本の表紙絵に魅力を感じ、図書館で探してきました。
    なにせ、この絵本は絶版になっているので、なかなか手に入らないんです。

    絵本についていた折り込み付録を見ると、
    「こどものとも」358号<1986年>の作品でした。
    折り込み付録には作者大友さんの、この絵本への想いが書かれていました。
    作品自体も面白いお話でしたが、大友さんの後書きを読んで、作者の思惑は、ほぼ成功しているなぁと、感心しました。
    なんと、この昔話を創作するにあたって、ベースにしたのは「グリムの昔話」「こうさぎのおよめさん」だそうです。
    こんなことを知ってしまうと、「こうさぎのおよめさん」も読みたくなります!

    ナビでまだ読んでいる人は少なかったけど、
    きつねに連れ去られたり、無理やりお嫁さんにさせられそうになったり、ドキドキハラハラの連続ですが、最後に無事に家に帰れる安心感ありで、素直に面白かったです。
    ただ、わざとだと思うのですが、東北訛りをかなりつかって書かれているので、声に出して読み辛かったし、あまり小さなお子さんだと、意味が分からずチンプンカンプンではないかと思います。
    (一応、欄外に(注)がありますが…)

    お話を聞くことに慣れているお子さんなら、4,5歳から、慣れていない子なら7歳くらいから小学校の高学年くらいのお子さんまで、楽しめるんじゃないかと思います。

    掲載日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 題名

    題名「きつねのよめとり」に惹かれて、自分の為に選んだ絵本です。
    どうしても読みたいと思いました。夢中で一気に読みました。
    上手い話には、騙されるな!誘惑に乗るな!親の言うのが正しい!って思った絵本でした。困難な時には、最後まで諦めずに知恵を振り絞って考えようと思いました。まだ、孫には理解できないと思いますが、絵本を読んで一緒の時間を過ごすことに幸せを感じました。
    必死で生きよう、諦めないで生きていこうと勇気をもらった絵本です!

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きつねのよめとり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット