まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。

おとうさんがおとうさんになった日」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おとうさんがおとうさんになった日 作・絵:長野 ヒデ子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784494008971
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,061
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 産院で

    下の子の出産で産院に入院していた時、産院の本棚に置いてあったので
    お見舞いに来てくれた上の子に読みました。
    「おかあさんがおかあさんになった日」は産院出産が描かれていましたが、こちらは自宅出産。出産後の朝日を見て感慨深げなお父さんや、ラストページでは授乳をしているお母さんの横で、上の子達の子守りをしながら慣れない掃除をしているお父さんが微笑ましいです。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんになるということ

    3人目の子供を自宅出産する家族のお話です。
    「おとうさんはいつおとうさんになったのか」という大きなテーマを抱えて、物語は進行します。
    出産を自分でするわけではない「おとうさん」が、
    「おとうさん」と呼ばれるようになった瞬間を、
    「景色が輝いて見える」や「くすぐったり」と表現されており、
    お父さんになる喜びがじんわりと伝わります。
    おどろくのは、この本に登場するお父さんが
    妻の出産のために休暇をとり、
    自宅出産を共同で行い、
    産褥期の妻に代わって家事一切を切り盛りしている様子がうかがえること。
    おとうさんの会社はすごい会社だ!!
    (最初のページで、休暇をとる様子が好意的に描かれてもいます)
    日本中こういう選択も自然にできる環境なら、
    生まれたての赤ちゃんとすごしたい、
    現実に産むことはなくとも、
    「出産」を共同で行いたいと願っている男性は少なくないと思うのだけれど・・・。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おとうさんがおとうさんになった日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット