だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

よ−いどんけついっとうしょう」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

よ−いどんけついっとうしょう 作:梅田 俊作 梅田 佳子
絵:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1985年
ISBN:9784265011025
評価スコア 4.79
評価ランキング 408
みんなの声 総数 13
「よ−いどんけついっとうしょう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいお話

    優しいココロになれるような、いいお話ですね。
    道徳の教科書に、掲載されそうだと思いました。
    優しい行いをしたために、徒競走ではビリ・・・
    でも、ちゃんと見ているんですよね。
    やっぱり、優しい気持ちは大切だよ、と子供にも伝わると思いました。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • この純粋さを忘れずに

    小学校初めての運動会での緊張感。
    そんな中で泣いている幼児の世話を優先させた少年。
    徒競走ではグループの番に間に合わなかったけれど、つい我を忘れてゴールしてしまったみんなをおってひとり校庭を走ってしまったけれど、カッコいいぞ!!!
    この純粋さを押し付けてはいけないけれど、きっと誰もが持っている健気さなのです。
    それが、年とともにストレートに表現できなくなっていくんだろうな。
    こんな作品が浮いてしまわないように、人を思いやる気持ちが踏みにじられないように、それは大人の責任。
    梅田さんの思いが小気味よく描かれた作品です。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「よ−いどんけついっとうしょう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / どうぞのいす / バムとケロのそらのたび / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット