くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

わっしょいわっしょいぶんぶんぶん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

わっしょいわっしょいぶんぶんぶん 作・絵:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年02月
ISBN:9784032060300
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,089
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奪えないもの

    音楽が大好きな人達の国がありました。
    ところがそこへ、悪魔がやってきて楽器を奪ってしまいます。
    困ったみんなは考えて工夫して、自分たちで楽器を作ったり、
    動物や虫を呼んできて音を楽しみます。
    しかしそれらすべて奪われてしまい…?!

    最初の見開きのお祭り騒ぎのような賑やかな光景に
    一気に物語へ吸い込まれました。
    とにかく場面ごとに出てくる人物や道具が多いこと!
    それらがきちんと表情があって、
    個性を出して描かれているので何度読んでいてもあきません。
    失ったことを嘆いたり悪魔を憎むのではなく、
    みんなでどうしたらいいのか考え、
    希望を失わない人々の姿が印象的です。
    「音楽は人から奪えない。」
    まさにこの絵本はこの言葉を(私の非常に好きな映画作品にも
    出てくる言葉です)伝えていてくれているように感じました。

    お祭りが好きな息子は夢中で最後まで聞いていました。
    ただ、他の方は歌の部分をどんな節でうたっているのかしら?
    (我が家は強引に「フニクリフニクラ」です…)気になります。
    それぞれの歌があるのも面白いかもしれませんね。
    歌が続くので、読むほうは結構大変ですが、
    親子で楽しみながら読んでいます。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わっしょいわっしょいぶんぶんぶん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

うんちしたのはだれよ! / おかあちゃんが つくったる / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット