ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

わっしょいわっしょいぶんぶんぶん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

わっしょいわっしょいぶんぶんぶん 作・絵:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年02月
ISBN:9784032060300
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,057
みんなの声 総数 17
「わっしょいわっしょいぶんぶんぶん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3歳の息子ガ自分で

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳の息子が図書館でなぜかこの本を持ってきました。なぜ?と疑問だったのですが、やはり表紙の力でしょうか。さすが、『かこさとし』。しかし読み始めたら、ものの数ページでおしまい。わっしょいだけ威勢よく言って楽しんでおりました。物語自体はなかなかに良い絵本なので、また後で読んでみたいと思います。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • うたうたいっぱい

    とにかくいっぱい描かれているのがすごいです。たのしいです。
    音楽が好きお国で、アクマに楽器を奪われてしまうと、おじいさん、おばあさんからちいさなこどもまで出てきて、みんなでまたたのしみを考え出します。楽器を作ったり、鳥や虫、動物の鳴き声を使ってたのしみます。
    こういう雑貨を使って音を出して遊んだり、今ではなかなか聴くことのできなくなった鳥や虫の鳴き声が出てくるのがとても懐かしく思いました。
    雲の上にいるアクマが奪ったものをくもの巣に引っ掛けるというのが何気におもしろいと思いました。
    歌もいっぱいで、娘と歌ってみるのも楽しかったです。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わっしょいわっしょいぶんぶんぶん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

うんちしたのはだれよ! / くもかいじゅう / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット