貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

11ぴきのねこ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねこ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784772100045
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,302
みんなの声 総数 172
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おちがおもしろい!

    もうすぐ2歳になるネコ大好きな子供に読み聞かせました。
    大好きなネコがたくさん登場する話に大興奮!特にリーダーネコが気に入って、指さしながらちゃんと最後まで聞いてくれました。
    何回読んでも楽しい!最後のおちもまたおもしろいです。

    掲載日:2012/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どものころ、擦り切れるほど読んでもらった
    11ぴきのねこ。

    11匹のねこがおおきなさかなを求めて船で海へと乗り出します。

    湖が見えてくるところ、大きなさかなが飛び出してくるところ、
    ねこたちがさかなに飛びかかるところ…
    ドキドキワクワクするシーンがいっぱいです。
    そして、夜さかなが島で寝ている静寂の場面…。
    静と動のメリハリがついた展開に、
    次はどうなるか、内容を知っていても夢中になって
    聞いていた記憶があります。

    1歳の息子には長いかな?と思ったのですが、
    じっと聞き入っていました。

    これからも親子でたくさん読むことになると思います。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい 11ぴきのねこ

    むすめがだいすきな絵本です。11ぴきののらねこが大活躍します。
    のらねこだけあってたくましい。表表紙は、10ぴきなので・・・?
    あっ・・・いたいた、裏表紙にしましまねこが・・
    なかまはずれにされたんではなくすきなように、自由にいるのがいいね。おなかをすかしていてもみつけたものは、11ぴきでわけてたべるのがすばらしい。自分勝手でないところが、すばらしい。
    大健闘して、てにいれた、かいぶつのようなさかなを、帰ってからしか食べない約束が、みずうみがまっくらになって・・・・
    次のページがあたまとしっぽと、骨だけの絵がとてもおもしろくて愉快です。11ぴきのたぬきのおなかもおもしろいです。
    勇気と、なかまの団結、結束、たのしく学べる絵本です。

    掲載日:2008/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

みんなの声(172人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット