ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

11ぴきのねこ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねこ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784772100045
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,216
みんなの声 総数 170
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 老人と海 ねこバージョン

    骨太でハードボイルドなヘミングウェイの「老人と海」を、ネコで再現したらこんなにコミカルになってしまうのかも・・・と思えるような冒険絵本です。
    あの手この手を使って巨大魚と死闘を繰り広げるネコ達ですが、せっかく捕まえた魚がまさかあんな事になってしまうなんて。
    それでも後悔する事もなく、満足気な表情で寝そべっているあたりが、やっぱりネコって気ままだなぁと思わせてくれます。

    掲載日:2016/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな絵がこどもの想像力をかきたてる

    • はるたろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    自分も小さい頃に読んだ記憶があり、ストーリーは何となくしか覚えていませんでしたが、イラストは覚えていて懐かしさを感じました。

    絵がシンプルなので、私が読んであげる前に、こどもが絵を見て自分でストーリーを想像しながらページをめくっていって読んでくれました。
    それがだいたいストーリーが合っていたので、すごい!!と思いました。

    しかしながら文字は意外と多いのでもう少し大きくなってからでも違った楽しみかたができると思います。

    掲載日:2016/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い!

    ねこ大好きなのでチョイスした一冊。

    いや、ほんと、可愛い。
    11等分に分けられた魚をみて、もう笑うしかありません。
    しっぽの2人はかわいそうだなぁって。
    大きな魚に挑みますが、2回も失敗します。
    3度目の正直となるのですが、もうほんとかわいらしい。

    親子でとても気に入ってしまい、ほかのシリーズの本も借りてきてしまいました。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛すべきのらねこたち!

    私自身が子供の頃から慣れ親しんできた11ぴきのねこ。
    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    この11ぴきののらねこたちは、決して“良い子”ではない所がとても面白いです。
    娘たちも、そんなねこたちに惹き付けられていました。

    愛すべきねこたち、チームワークは天下一!
    さかなが目の前にあれば我慢できないところも魅力的で、
    ねこらしいねこに笑ってしまいました。

    昔から色褪せず、今でもやはり素敵な一冊でした(^^)!!

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがロングセラー

    「11ぴきのねこ」シリーズを読んだのは2冊目です。誰もが知ってる物語。
    でも、私は内容を忘れてしまっていたのですが。

    以前に「11ぴきのねこ ふくろのなか」を読み面白かったので、是非読みたいと借りました。
    やっぱり面白い!11ぴきのねこが大きな魚を捕獲。
    皆で「他のみんなに見せるまで食べないこと」という約束をするんですが。その後・・・。

    読んでいない人は読むべきです。後悔絶対しませんよー。4歳の長女も大笑いでした。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいっ!!

    とにかく大爆笑です。
    ねこたちの表情や姿格好、台詞、オチまで全てが子供の心を捉えたみたいです。
    何回か読んだ後は、もう読み始める前から「クククッ」と笑い出す始末です。
    まだオチが分からない事も多いのですが、このオチは一目瞭然。
    誰でも楽しく笑えると思います。

    随分前から出ている絵本のようですが、私自身は読んだこともなく、子供と同じく新鮮な驚きと笑いでいっぱいです。
    シリーズの他の本も楽しみです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷり

    11ぴきのねこシリーズ、大好きです!

    とらねこたいしょうを筆頭に、魚をお腹いっぱい食べたいという欲求をかなえるべく、怪物のような大きな魚を捕まえに出かけます。初めは全然歯が立たないけれど、とうとう魚を捕まえる。

    でも、捕まえてみたらみんなに見せたくなった。そこでみんなに見せるまでは食べずに、持って帰ろうと全員一致で決めたはずなのに・・・

    やっぱり食欲には勝てず、帰る途中に食べちゃった、というオチです。

    欲のままに進むねこたちのお話で、絵にもユーモアあふれて楽しい本です。

    幼稚園の子供達にも人気があったようで、娘が年中の時の発表会では、このお話を元に劇をやりました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • にくめない・・・

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    みんなで協力して、やっとのことで捕まえた獲物。
    こんなに大きな獲物をしとめたのだから、持って帰れたらきっと英雄だったでしょうに。
    あっさり食べちゃう辺りがまったく残念なねこちゃんたちですね・・・
    でも、何だか憎めない。
    11匹とも大きなお腹で、本当に幸せそうに眠っているからかな?

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこがかわいい

    • パッソさん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子4歳、女の子0歳

    おなかをすかせた猫達が
    大きな魚を捕まえるんですが・・・

    大きな魚に子守唄を聞かせるところが好きで
    ねんねこさっしゃりまーせーとよく歌ってました
    あととらねこ大将が枕をけとばすところ
    ここははまってけらけら笑ってました

    猫達の団結力がすごいし、最後が面白いです

    掲載日:2010/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい猫たち

    11ぴきの猫たちが、あの手この手で
    大きな魚をしとめようとする姿が
    とても楽しかったです。
    やっとのことで、しとめた大きな魚。
    一晩のうちに猫たちの胃袋に。
    この展開も、息子と二人とても楽しみました。
    猫たちの表情が、とてもかわいらしく好きです。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(170人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット