貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おでかけのまえに」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おでかけのまえに 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784834008548
評価スコア 4.76
評価ランキング 582
みんなの声 総数 205
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 優しい気持ちになれる絵本です。

    イヤイヤ真っ盛りの息子。出かけるのも一苦労。
    朝から晩まで本当に疲れちゃう。成長の過程なんだってわかってはいるのに。
    この本は図書館で出会いました。読み聞かせるとなんだか親の私の方が、心がほぐれていくような、緊張していたからだが緩んでいくような、そんな優しい気持ちになれました。

    この絵本にでてくるあやこちゃんのおかあさん、おとうさんのように、心に余裕をもってこどもに寄り添って行きたいなと感じます。

    なんだか疲れてしまった時、息子に読み聞かせながら、改めて息子をいとおしく思える私にとって大切な絵本になりました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 色々やってくれる子供に優しくなれました

    • やじみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子5歳

    子供が2歳のやんちゃ盛りに読みました。

    ピクニック前に勝手に先に外に出て、転んで泥だらけにしてきたら、私だったら「なにやってんのー!」と怒ってしまいそうです。
    でも、この絵本を読むと、ピクニックが楽しみで仕方がなかったあやこちゃんの気持ちがよくわかり、とても愛おしく感じます。
    「ころんじゃった…」としょんぼり帰ってくるあやこちゃんに、絵本の中のお母さんは何も言わず(というか何もセリフが書かれていない)着替えさせてあげ、みんなで楽しくピクニックに出かけていきます。
    そうだよね〜せっかく楽しいピクニックのために準備をしているのに、怒って台無しにするなんてもったいないよね。

    色々やらかしてはくれるけど、子供なりの思いがあり、それはとても可愛いものだということに気づかせてもらった絵本です。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハラハラ、のち、ほっこり

    2歳の娘と読みました。
    同じ作者の『ちょっとだけ』という作品を読んでいたので、おりこうで頑張り屋の主人公かな?と思っていたら…
    頑張り屋さんが、成長して(別の女の子ですが、成長としては少し後?)、空回りしちゃっていました!!
    読んでいてハラハラが止まりませんでした。
    娘にあやこちゃんを重ねてしまいました。
    あーもーやめてーー!と、心で叫びました。
    最後はほっこりします。

    何より、このパパとママみたいな寛大な気持ちで、娘と接してあげようと思える絵本でした。
    こんな頑張り屋の空回りも、きっと大切な成長過程で、いつかは愛しいエピソードに変わるんだろうな、と、思えました。
    たまに読んで、心に据えたほうがいいかも?

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパとママがすごいです!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子2歳

    家族でピクニックにいく日の朝の、
    あやこちゃん(4歳くらい?)の興奮を描いた一冊です。
    2歳の娘と読みました。

    朝目覚めてカーテンを開けて、
    晴れてることに喜ぶあやこ。
    昨日から楽しみにしてたんだね〜。

    ここまではほほえましく読んでいたものの、
    次から次にあやこによって起こされる騒動には、
    あらあらあら〜ってカンジです。

    2歳の娘と全く同じ。
    どうして、じーっとしてられないんだろう・・・
    興奮しすぎてほんと「いらんことしい」な娘にも
    あやこ父母は怒ることなく対応。

    すごい〜! 
    なんていいパパママなんだろう!
    とても真似できません!

    私なんて娘と一緒に読んでるはしから、
    「アナタはこういうことしないでね」と言ってしまいました(笑)。

    せっかくお気に入りの服に着替えたあやこ、
    その服さえも汚してしまって、
    もうもうもう!ってカンジですが、
    結局お着替えしたあとの服のほうが、よく似合ってます。

    裏表紙の、家族でピクニックをしている絵を見てほっとしました。
    どうなることかと思ったけど、
    無事にピクニックにいけてよかったね!

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「じぶんで期」を迎えたら読みたい絵本

    主人公の女の子は2,3歳くらいでしょうか。
    2歳半の娘より少し年上かな、と思いながら読みました。
    好奇心にあふれた幼い女の子のかわいらしさがよく描かれており、読んでいる大人もつい笑みがこぼれる絵本です。
    早くお出かけしたい、お手伝いしたい、お化粧したい、、、あやこは一人でやってみたいことだらけです。
    うちの子も魔の2歳児、何事も「じぶんで!」で毎日相手をするのに苦労しているので、自分のうちのことのようでつい笑ってしまいます。
    このお父さんお母さんのように、失敗しても怒らずやさしく見守ってあげられるといいな〜と思いながら読みました。
    娘は後半、玄関先で転んでしまうシーンが印象深いのか、「ころんじゃった絵本」と言っています。
    出かける前にぐずっている時など、あやこちゃんみたいにおでかけの準備しようね〜というと、素直に身支度することもあります。
    まあ魔のイヤイヤ期なので、もちろん百発百中ではありませんが…

    そしてあらためて、林明子さんの描く子供は本当に素敵ですね。子供のあどけない表情、何か企んでいる瞳、
    満面の笑み。華奢な体つきや手指まで、子供の暖かさ、柔らかさが伝わってくるようです。

    掲載日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親は見習いたいけど、子どもに真似されると困る

     ピクニックに出かける前に子どもが色々とやるお話。お弁当をまぜこぜにして、荷物をひっくり返し、化粧品をいじり、外に出てころぶ・・・。そんな娘に怒りもせずに両親は対応します。そして、最後は楽しいお出かけ!
     しかし、実際のところ、こんな親いるのかなぁ、などとも思ってしまいました。まぁ、時間を気にせず、その日一日は子どもの時間という感じで割り切れば、そういった対応もできるのでしょうね。大人は予定に併せがちです。
     大人の予定や時間に無理に合わそうとせず、子どもにジックリつきあうことも必要かななどと考えさせられる本です。しかし、もう少し叱ってくれないと、子どもも同じことをやりそうで心配。

    掲載日:2017/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丁寧な描写

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    林明子さんの素敵な絵と丁寧な描写が光る一冊です。主人公がお出かけ前にわくわく、そわそわしている気持ちがよく伝わってきます。忙しいときに限ってお手伝いをしてくれるおちびさんは、うちの子だけじゃないようです(笑)。お出かけ前のあわただしいときに邪魔されて、あんなにやさしい対応が出来るおかあさんは素晴らしいです。無理です(笑)。 娘は主人公が、いろんなものをぐちゃぐちゃにしちゃっているのを、あーあと言いながら楽しそうに見ていました。自分と重ね合わせているのでしょうか。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気に入ったようですが・・

    • いろはるさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子2歳

    レビューを読んで、2歳の息子にぴったりだと思い購入しました。
    笑うかな、と読んでみたらじっと真面目な顔で聞いており、「もういっかいよんで」。もう一回読み終わっても「もういっかいよんで」。
    何か思うところでもあったのでしょうか・・?笑

    3回目は6歳のお兄ちゃんが一緒に聞いていて、あやこちゃんが失敗するたびに笑うので、つられて笑っておりました。

    毎朝家を出るまでおこりっぱなしの私ですが、あやこちゃんママのように、失敗をおおらかに受け入れられるようになりたいものです・・。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく

    ピクニックに行くのが楽しみで、ワクワクしている気持ちが伝わってきます。
    お母さんやお父さんのお手伝いをしてみるものの、結局お邪魔をしてしまうところも、子どもらしくてかわいいですが、お母さんもお父さんも、それを叱らずに、あやちゃんのしたことを認めているところも素敵だなと思いました。
    最後のページのあやちゃんの顔がすごくかわいい!
    こんな笑顔をしてくれるなら、休みの日のピクニック、親も楽しめそうです。
    素敵な家族だなぁと思いました。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子におすすめ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    小さな女の子がいっしょうけんめいお弁当を詰めたり、お手伝いをする様がかわいらしかったです。
    お化粧したりお手伝いをしたりは女の子らしいなーと思って女の子を子供に持つ親は思わずにこにこしてしまいそうです(もちろん男の子の親や男の子に読んであげてもいいですが)。
    2歳の娘も気に入ったようで何回も「これ読んで」と持ってきます。
    林明子さんの絵本はやはりやさしくてかわいくて良い絵本ですね。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おでかけのまえに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / どうぞのいす / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おによりつよいおれまーい / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(205人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット