くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

ジャムつきパンとフランシス」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ジャムつきパンとフランシス 作:ラッセル・ホーバン
絵:リリアン・ホーバン
訳:松岡 享子
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1971年
ISBN:9784769021056
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,362
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 好き嫌いを直すのは、難しい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    絵本としては文章が少し長いですが、このお話の場合、いろいろな食べ物があるということを伝えなければならないので、少々長ったらしい記述もやむおえないかな?と思いました。

    このお話初版は1972年なのですね。とても古いものですが、内容に古さを感じさせません。いつの時代も好き嫌いの激しい子どもはいるし、その子どもへの対応は母として悩むことが多いためでしょうか?

    かくいう、我が家の長女も幼稚園くらいまでは好き嫌いが激しいうえに少食で、一体どうしたら食べてくれるかと、苦労した時期もありました。
    その長女も今では私よりもたくさん食べているくらいなので、成長とともに変わってくることは多いのかなぁ。と、思います。

    なので、好き嫌いがひどいフランシスへの対応として、お母さんが「毎日毎食同じジャムつきパンを与える」行為は、ちょっと食事の作り手としての「厭味」で、母としての行動ではないような気もしました。
    ただ、こういうやり方も好き嫌いを直す一つの手ではあると思うので、もし、この絵本を見習って、子どもの好き嫌いを直そうと試す方は、ぜひ、たくさんの愛情を持って、行ってほしいと思います。
    子どもたちの絵本を読んだ感想は「長い」でした。う〜ん…。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ジャムつきパンとフランシス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しにがみさん
    しにがみさんの試し読みができます!
    しにがみさん
    作・絵:野村 たかあき 出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    大勢の方々からのリクエストにお応えして、待望の重版!!


『いっさいはん』minchiさんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット