ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ポットくんとミミズくん」 大人が読んだ みんなの声

ポットくんとミミズくん 作:真木 文絵
絵:石倉 ヒロユキ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784834021851
評価スコア 4.84
評価ランキング 112
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奥が深いミミズの生態

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小学校のおはなし会用に科学絵本を、とセレクト。
    植木鉢のポットくんがミミズくんに出会い、ミミズの生態を知るという趣向です。
    枯葉を食べるという事、前進の仕方など、なるほど、です。
    雌雄同体で、卵の産み方も独特です。
    土を食べ、栄養いっぱいのウンチをし、土をかき混ぜ、植物の成長を促す働きをするのですね。
    擬人化はされていますが、内容はしっかりしているのがうれしいです。
    巻末にはさらに詳しい解説もあります。
    こどもたちにも、ミミズを観察するきっかけになると思います。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。以前にも同主人公が登場する作品を読んだことがあるので親近感が湧きました。この絵本を読むことでミミズがいかに大切な役割を果たしているのかを分かり易く学べるのが良いと思いました。解説も丁寧で愛らしい絵とマッチしているので楽しく読めました。巻末の詳しい解説も勉強になりました。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ポットくんとミミズくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / おふろだいすき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット