まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

いのちのまつり ヌチヌグスージ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

いのちのまつり ヌチヌグスージ 作:草場一壽
絵:平安座資尚
出版社:サンマーク出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784763196118
評価スコア 4.85
評価ランキング 79
みんなの声 総数 84
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 生きているだけで十分

     沖縄のお墓参りに遭遇したコウちゃん。そこでオバアが、コウちゃんに命をくれたひとは?と尋ねる。その人のことを「ご先祖さま」だと教えてくれた。
     命をくれた人=ご先祖さまという、発想がとてもこころ温まるかんじがして、いいなと思いました。
     見開きいっぱいにご先祖さまが、あらわれるページは、圧巻です。

     ときどき、自分のご先祖さま、に思いを巡らすことをさせてくれるのが、お盆やお彼岸などの行事なんだなと思いました。
     やはり昔から続いていることには、きちんとした意味があるんですね。
     命の大切さを強く子供に伝えていきたいです。

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    4
  • リビュー通り

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    子供に、と思って読んだ本でしたが、
    私自身が、改めてこの奇跡的な現象の連続に
    感服させられることとなりました。
    子供を授かってから、
    命があることのすばらしさや
    子供を育ててみて初めて自分が今まで元気に生きてこられたのは奇跡に近いと
    感じるようになっていました。
    でも、命ってこんなもんじゃないんですよね。
    もっともっとすごい低い確率で今ここにこの子が存在するのだと思うと
    なんで、いつもちっぽけなことで、怒りまくっているのかと
    くだらなくなってきてしまいます。
    読み終えた後、心の底から子供に、命がここにあるだけで、すごいこと。
    あなたたちがここにいるだけで、ママは幸せなんだと、
    伝えることができました。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    3
  • 沖縄のお盆

    このお話は、沖縄のお盆に行った男の子のお話でした。沖縄のお盆はお家みたいで、そこにいたおばあに自分の命がたくさんのご先祖様から頂いた物だという事を教えてもらっていました。うちの子もこの絵本で自分の命の大切さを理解してくれていたみたいでよかったです。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのご先祖さま

    大切なことが、書かれていました。
    でも、きっと一度読んだだけでは、子供は理解しきれないかもしれないなーとも思いました。
    数えきれないほどたくさんのご先祖様。
    誰一人いなくても、自分も子供もいなかったのかと考えると、それはもう奇跡としか言えないですよね。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏休み明けに読みます

     夏休み明けにお盆やお墓参りの話もしながら、1年生に読み聞かせをします。 
     夏休みがあるので、なかなか戦争や平和の話ってタイミングを逸するのですが、9月には彼岸もあるのでこの本はいいタイミングかなと思います。
     
     しかけのようになっているページのひとりひとり違うご先祖様の顔を見せるだけでも子どもたちは大喜びです。よーく見ると、すごいお顔のご先祖さまがいたり・・・
     本当にこのご先祖様のひとりでもいないと今の自分は居ないのですからとってもすごいですよね。いのちってつながって、また続いていることがよく分かります。

     ご先祖様に「いのちをありがとう」と言いたくなりますし、こうしてもらった生きるというチャンスも大切にしたいと思います。また、沖縄の方言いいですね。
      
     ぜひお勧めします。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • い・の・ち 奇跡の連続!

    評価ランキング1位だったこの本、購入してみて改めて「いのち」
    考えさせられました。

    転勤族でしかも次男坊家族、実家には年1回帰省するくらい、なかなかお墓参り・ご先祖様…考える機会が少ない環境。

    それでも、最近は仏壇に手を合わせる、ご先祖様からの「いのちのリレー」を、なんとなく理解し始めた子供達には、大変意味のある本だと思いました。今ここにいる奇跡を、親子で感じました。

    ご先祖様の見開きのページは、圧巻。
    いつまでも手元に置いておきたい1冊です。

    小学3年生の道徳の教科書に載っているとか。。小学校と限らず、
    全国の子供達(親にも)に読んでもらいたい・・そんな1冊です。

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 沖縄のあたたかさ

    沖縄の珍しいお墓と独特な語り口で、いのちの大切さが心に染み込みました。
    ご先祖様から今の自分まで、命が繋がってきたんだと子どもに語るのは難しいけれど、この絵本から楽しく理解できると思います。
    シビアになりがちなお話だけど、沖縄のコトバであたたかい気持ちにさせてくれます。
    うちの子もこの絵本を読んでから、おじいちゃん・おばあちゃんの両親の事を聞いたりしてはまた絵本を見て…と、興味津々でした。

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • つなげたい・・

    自分の命が自分のものだけでないことを
    実感させてくれる絵本です。
    命の輪をつなげたい。
    小学校の図書ボランティアで、ぜひ読みたいです。
    できれば、大型絵本が欲しいくらいです!!

    掲載日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちをありがとう

     7歳になった娘へ。
    たくさんのプレゼントに囲まれ、バースデーケーキをおいしそうに頬張る娘の笑顔は、何ものにも代えられない大切な宝。
     でも、誕生日って、それだけではないよね・・・。
    今日、ここに来てくれたじいじ、ばあばや、遠いお空から見守ってくれているもう2人のおじいちゃん、おばあちゃん、それに、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんたち・・・
    数え切れないくらいたくさんの命のつながりがあって、自分の命があることを、娘にも感じてほしくて、この絵本を誕生日の夜に読みました。

     宇宙のはじまりから、ずっとずっと命は続いてきて、ご先祖様の誰ひとり欠けても、自分は生まれてこなかった、という真実。まさに命の神秘ですね。
    娘も、「いのち」の特大ファミリーツリーを前にして、自分自身のご先祖様を当てはめながら、小さな指で1人1人数えていました。
    たった3世代、4世代、遡るだけで、本当に多くのご先祖様がいるんですね。

     そして、自分の命は、ご先祖様の命でもある、という言葉に、希望がわいてきました。
    自分の命もこうやってつながっていくんだ、と思うと、壮大なスケールの中で、自分の人生を見つめられるような気持ちになれます。

     今、目の前にいる娘に、ありったけの「いのち」を注ぎながら、娘にも、この先どんなときも、「いのちをありがとう」という気持ちで、自分の命を大事にしてほしいな、と願っています。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読みたい本

    始めは図書館で借りたのですが、この絵本は何度も何度も読み続けたいと思ったので購入しました。

    命のつながりをストレートに教えてくれる絵本なのですが、けっして教科書的ではありません。
    沖縄の明るいお祭りの雰囲気、オバアの方言混じりの語り口調、そして強烈な印象を残す仕掛け。
    最後まで楽しく読めて、命の大切さを小さい子でもしっかりと理解できる、素晴らしい絵本だと思いました。

    新聞記事に出ていた、ある方の話なのですが、中学時代にいじめを苦に死のうとした子が自殺を踏みとどまった理由について
    「家の本棚の絵本を一冊一冊手にとって見ていたら、小さい頃、母さんにいっぱい読んでもらったことを思い出した。そしたら死にきれんかった。」と話したそうです。

    ウチの息子もこれからの人生、様々な事で苦しむ時期も来るでしょう。
    この絵本はずっと本棚に入れておいて、思ったときには繰り返し読んでいきたいと思います。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いのちのまつり ヌチヌグスージ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット