ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

よい子への道」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

よい子への道 作・絵:おかべりか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年10月
ISBN:9784834013429
評価スコア 4.76
評価ランキング 626
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二ども三ども読みたい

    おかあさんにすすめられて、この本を読みました。おもしろすぎて、むちゅうになってしまい、まわりの声も聞こえなくなってしまったくらいです。
    一ばんおもしろかったのは、「おきゃくさまがきたときにしてはいけないこと」で、「みんなでにおいをかぐ」というのがあったのと、「レストランでしてはいけないこと」で、「となりの人にりょうりをみせびらかす」のところと、「台どころでつくってはいけないもの」の「なっとうだらけのりょう理」です。なっとうだらけのりょう理をそうぞうしたら、おえっとなってしまいました。
    どれも当たり前のことばかりなのでわらえます。
    おまけまんがげきじょうの「はりといととぞうきんと」では、さいしょはぞうきんを作ろうと思っていたのが、さいごにはぬののサッカーボールになったのが、おもしろかったです。あと、一つ一つのひょうじょうがすごいです。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもも大人もリフレッシュ!

    小学校2年生の娘が、キャハハと声をあげて笑いながら読んでいます。「ありえないし」とか言いながら、どこかうらやましそうに。
    なんでこういう発想が思い浮かぶんだろう?という、センス抜群のネタ(?)のオンパレード。「サンタクロースがきたときにしてはいけないこと」は、1.はでなふくをプレゼントする。2.なやみをうちあける。3.こたつにいれてひきとめる。4.こっそりそりにのる。だって!
    子どもたちには、お勉強に疲れたら、ぜひこの絵本を読んでリフレッシュしてほしいなぁ。そして大人も、子どもの頃のたくましい想像力を取り戻して、一緒にワハハと笑いたいものです。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • よい子って何だろう

    良い子になるために「〜してはいけないこと」などの項目で、イラストと一緒に楽しむ本です。結構いろいろな項目が出てきます。読むというより漫画に近く、絵を見て楽しむ感じの本ですが、ぜひ子供と一緒に笑ってほしいです。最後には、良い子って一体何だろう…という疑問が残るように思います。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が爆笑

    • はなしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子10歳、男の子8歳

    小2の息子がページをめくる度に、爆笑し、すっかりツボにはまってしまいました。
    良い子への道をまっしぐらに進む本かと思いきや、その間逆の道を面白おかしく描いていて、子供には、その悪さ加減、おふざけ加減が堪らなく魅力的なのです。
    えっ?と、心配になる大人の皆様、でも、ご安心。どれも、とても素人には真似できそうもない内容になっていますので・・・。
    いわゆる読み聞かせ絵本ではありませんが、小学生が自分で読んで楽しむ絵本です。
    絵もとても楽しめました。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「よい子への道」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / なにをたべてきたの? / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット