大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

まいごになったぞう」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

まいごになったぞう 作:寺村 輝夫
絵:村上 勉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年10月30日
ISBN:9784032401004
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,618
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『あばば、うぶー。』

    『あばば、うぶー。』

    始まりのまいごシーンから真剣そのもので、あかちゃんぞうの気持ちや
    感情を母なりに表現しながら『あばば、うぶー。』と進めていきます。

    次、きりんが左上から頭周辺だけ出てきているシーンで『なるほど!』
    っと母はうまく表現してるなって驚きながら『あばば、うぶー。』
    次ページでようやく息子もきりんだと気付き『きりんさんおっきい!』
    と興奮気味です。

    次々読み進めてワニのシーン、ライオンのシーンではこちらの様子を
    伺いながら少し怖がりますが『あばば、うぶー。』
    『ライオンガウォ〜!言ってる!こわ〜い』
    『あれれ?寝ちゃったよ♪』

    最後にゃごろん、ごろんと転がりながらお母さんぞうの足にゴツン!
    『おっきいね!おかあさんいたね♪あばばぶぶ〜♪』

    まだまだ絵本初心者の母子ですので各々の大きさの違いがこんな風に
    表現されている絵本に出会ったのが初めてで、とても面白くのめり込む感じの絵本ですね。
    少し長いお話の絵本も興味を持ってきだしたのでこれからますます絵本に夢中になってくれるといいなと思います。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あばば、うぶー

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳5カ月の息子と読みました。
    とても可愛い像の絵。
    この絵本ではありませんが、私が子供の頃に読んだ絵本で
    とても印象に残っている絵と同じ。
    最初に手に取った瞬間に、あっ、あの絵本の絵だと思い出しました。
    息子にも印象に残る絵になるのかな?と思いながら読みました。

    像の赤ちゃんの、「あばば、うぶー」という鳴き声。
    読んだ瞬間に、息子も「あばば、うぶー」と大声で叫んでいました。
    その後は、勿論、「あばば、うぶー」を連呼です。
    「あばば、うぶー」の箇所は、息子が読み、その他は私が読むというように自然となりました。
    本当に不思議な言葉です。
    何かとっても魅力的なんでしょうね。
    読んでいて、私もとても楽しいです。

    掲載日:2012/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あばばうぶー

    • tamyさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子4歳

    まいごになったぞうが、いろいろな動物に出会っていきます。
    子像は誰に出会っても「あばばうぶー」
    ワニやライオンのような強いこわそうな動物でさえ最初は「うまそうだな」と言っていますが「あばばうぶー」という子像を可愛く思います。
    そして最後にお母さん像のところに帰ることができて一安心。
    お母さん像に出会えたところでは、一緒に読んでいる子供もほっとします。
    また、赤ちゃん象の絵が可愛くて癒されます。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ごろんごろん」で大笑い

    配本で手にした本でした。親の好みで選んだ絵本ではなかったのですが、息子は大喜びです。迷子のコゾウがライオンさんにころころと転がされた場面で「ケタケタケタ」と大笑い。絵本で大笑いしたのは初めてで、息子も嬉しいようで、何回も「読んで!」とせがみます。読んであげられてよかったなぁと感じました。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • アババウブー

    お母さんゾウとはぐれてしまった赤ちゃんゾウ。
    結構 事態は深刻だと思うのだけれども、
    赤ちゃんゾウの愛らしさ、純真さがそれを緩和しています。

    「ママのゾウ、いないねぇ〜」と娘はいいながらも、
    「アババ ウブー」には ケタケタ声をあげて笑います。

    お母さんゾウがいなければ、子供の不安感をあおりますが、
    「アババ ウブー」という不思議な言葉によって、
    子供は不安感・恐怖感をそれほど感じなくてすむようです。

    最後に 赤ちゃんゾウがお母さんゾウと出会うことができると、
    娘はなんだかうれしそう。やっぱりお母さんと一緒だと安心するんだねぇ。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 象の赤ちゃん語

    小さな象が迷子になるものの、そのかわいさから、危機を乗り越え、ちゃんと最後にはお母さんのところに戻ることができるお話です。

    もうすぐ3歳の息子にはやや単純すぎるストーリーのように感じましたが、「あばば、うぶー」と繰り返される象の声が楽しくて、息子はげらげら笑って真似していました。

    もう半年くらい早く読んでいればなあ、と思いました。絵本と出会うタイミングは重要ですね。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんは、動物もかわいい

    迷子の赤ちゃんぞうが、いろいろな動物を経由しながら、最後にお母さんのところに帰るお話。ワニやライオンに食べられそう?になりながらも、そのかわいらしさで助けられ、ホッとします。「アババウブー」という赤ちゃん言葉は、動物も人間も共通なのかな、と思いました。言葉が分かるようになった幼児が、赤ちゃんを客観的にみることができそうな本。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいあかちゃん

    あかちゃんって可愛い。
    シンプルに「あばばうぶー」だけしか言わないぞうの赤ちゃん。
    いろんな動物にあっても「あばばうぶー」
    そんな赤ちゃんの可愛さが絵にもすごく表れています。
    最後に赤ちゃんはちゃんとお母さんと会えるのですが、その会い方がまた可愛かったです。

    娘も「あばばうぶー」を覚えてしまい、たまに赤ちゃんになりきって「あばばうぶー」と言っています。
    絵も柔らかい感じでとても素敵です。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん語ってかわいくてむずかしいね

    • オユマーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、男の子2歳

    ぞうのあかちゃんがまいごになって、再びお母さんに会えるまでにちょっとした冒険をしてくる物語。シンプルなんですが、あかちゃんのアブアブの繰り返しが子供心をくすぐるのか、この本を読んでしばらくは、子供たち二人で赤ちゃん語ごっこ!?して遊んでました(笑)
    なんと言うか、小さな子向けの、かわいい絵本です。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい

    • パッソさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子2歳

    赤ちゃんが迷子になって色んな動物に助けられて
    お母さんの所まで帰る本です
    象のあかちゃんがむじゃきで可愛いです
    あばば うぶー のことばがいいみたいで
    ここになると一緒にあばば うぶーって言います
    大好きとまではいかないけれど
    時々思い出したように持ってきて読んでと催促する本です

    掲載日:2008/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まいごになったぞう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ばけばけばけばけ ばけたくん / わがはいはのっぺらぼう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット