十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

まいごになったぞう」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

まいごになったぞう 作:寺村 輝夫
絵:村上 勉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年10月30日
ISBN:9784032401004
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,617
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外にも

    寝る前に数冊の絵本を読むことにしています。
    オークションで中古絵本100冊セットを買ったのでその中から毎晩選ぶのですが、
    この本を読むのは購入後大分後回しになっていました。
    絵がちょっと古いと言うか…。
    でも読んでみると、かわいい「あばば、うぶー」の赤ちゃんが6歳と3歳の兄弟に
    大うけ。
    6歳の子は「この赤ちゃん、可愛いね〜。」
    絵本の中のキャラクターを可愛いと言うのを初めて聞きました。
    3歳の子は一人遊びの中で、この絵本をめくりながら「あばば、うぶー」や
    「ごろんごろん」と独り言。
    正直、本屋さんでは購入しないタイプの本だったのですが
    こんなに気に入る意外な絵本があるんだなぁと母親の死角を実感しました。

    掲載日:2015/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい

    ママ友におすすめされたので読んでみました。
    まいごになった小さな象を、いろいろな動物たちが助けてあげるお話。
    小さな象を食べてしまおうと思っていたライオンやワニも小象のかわいさに、思わず助けてしまうというところがいいですね。
    最後に、小さな象がお母さん象の足にごつんとぶつかって出会うシーンが長女は好きなようで、そのページを読むたびに、「あぁ、よかったぁー」と安堵の声をあげています。
    やはりお母さんに会えることは子供にとって最大の安心なのですね。
    絵もあたたかみがあってよかったです。

    掲載日:2015/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あばばうぶ〜

    かわいいぞうの赤ちゃんは子ども達の人気者でした。
    特に、弟妹のいる子ども達は“わかる、わかる”とお兄ちゃん、お姉ちゃんの顔をして笑顔でおはなしを聞いていました。
    「あばばうぶ〜」の言葉がお気に入りでしばらくみんな真似をしていました。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり赤ちゃんは可愛い

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    赤ちゃんぞうが迷子になりました。

    話せる言葉は『あばばば・・ぶぅ』

    ぞうでもまだ赤ちゃんのうちは危険がいっぱいなんだけど・・・
    可愛さで出会う動物はメロメロに・・・・

    『あばばば・・ぶぅ』の言葉に子どもたちも可愛いなぁ・・・って思うみたい。

    何度目かは・・子ども達から『あばばば・・ぶぅ』の声も聞こえて音の響きが楽しいようです。

    いろんな動物の出会いにドキドキしながら赤ちゃんぞうはちゃんと帰れるのかなぁ・・と、とても楽しんでみていました。

    やっぱり・・赤ちゃんって可愛いんですね。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まいごになったぞう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ばけばけばけばけ ばけたくん / わがはいはのっぺらぼう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット