大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

こんたのおつかい」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

こんたのおつかい 作・絵:田中 友佳子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784198618551
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,619
みんなの声 総数 79
「こんたのおつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 手に取るようにわかります

    きつねのこんたくんがおつかいに行くお話。
    いつもお母さんに禁止されている方の道をついつい行ってしまうこんたくん。その気持ち、手に取るようにわかります。
    さらに行く先々で怖い目にあって、最終的には「おあげ」が「おばけ」になってしまう。その気持ちもものすごくわかります。
    小さい子どものお使いってきっとこんな感じなのでしょうね。
    子どもたちも真剣に見ていました。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力ある

    最初は表紙をみてアニメっぽいかんじかな、とおもっていたら、よんでいくとおばけ、きつね、が次々でてきます。しかも結構迫力あって怖い!表紙は和やかなかんじなのにそのギャップが面白いです。お話はよくある感じなのに、絵が力強いんです。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐり握りしめて。

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    おつかいを頼まれたきつねのこんた。無事にできるかな・・・?

    ストーリーは絵本の王道的ですが、とにかく絵に迫力がありますね。
    ページをめくるたび、親の自分でさえビクッとしちゃいました。
    きつねのこんたの世界では、どんぐりがお金の代わり。
    途中で落とさず、しっかり握りしめて、きちんとお買いものできて良かった良かった。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙からは想像できない。

    表紙の優しいタッチの絵からは想像できないような、鬼やらおばけやらが出てきます。ちょっとびっくりしました。
    でも、最後に、お買い物をした時のお店のおじさんが、笑ってるのをみてなんとなく、ほっとする感じを覚える絵本です。
    とても、ストーリーの変化が大きく、面白かったです。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわがりでもたのしめる

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子4歳

    「おあげ・おあげ・おあげ・・・」
    何を買うのか忘れないように、つぶやきながらおつかいするこんた。
    だけど目の前にてんぐが現れると「てんぐ」に
    おにが現れると「おに」に・・・。
    最後は「おあげ」に良く似たアレが出てくる。
    こんたは無事におつかいを終えることができるのか!

    絵がとってもかわいい!
    小心者のうちの息子は、
    行ってはいけない「森の道」を進んだ時点でもう不安げな顔していました。
    天狗がおにやらが出てきたときは一瞬読むのを嫌がりましたが、
    こんたの面白リアクションにつられて楽しむこともできたみたい。

    この手の、忘れないようにつぶやきながらおつかいに行くネタって良く見るけれど元ネタはやっぱり落語なのかな?

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけがリアルな感じでびっくり

    こんたはおつかいを頼まれます。
    通ってはいけない、と言われていた道を選んで進んでいくと・・・。
    いろんなおばけに遭遇!
    表紙の雰囲気からは想像できなかったくらいリアルな感じの天狗や鬼に
    読んでいる大人も驚かされます。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれコン太!!

    • みくみく さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 女の子4歳、男の子3歳

    子供の好奇心 

    やってみたいことは やってみたい

    見たいことは 見たい(^^)

    解ります その気持ち!

    そこから得る 教訓

    それにしても コン太くんは 
    ものすごい経験をしてしまいます

    ページをめくるたびに ものすごーく
    怖そうに読んでみたのですが なぜか
    うちの子達は笑っていました

    きっとコン太くんがかわいいからですね

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • だから、だめだっていったでしょ!

    おつかいへの通り道が2本に別れてて、
    1本はいつも通る『はなのみち』。
    もう一本は、お母さんに「だめ」といわれて
    いた『もりのみち』。
    好奇心から、『もりのみち』を進んでしまったこんたは、
    妖怪やおにに追いかけられるハメに・・・。

    好奇心に負けて、つい、ふらふらっと覗いてみたくなる
    気持ちよく分かります。
    後で、後悔するんですよね〜。
    でも、わが子には、危険な道にひとりで立ち入るようなことは、
    絶対して欲しくないですけど・・・。
    「だめ」っていうのには、ちゃんと理由があるんだよと、
    教訓として、読み聞かせてます。
    絵も迫力あっていいと思いました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力満点!

    こんたがおあげを買いに行くお話なんですが。

    いつもお母さんと一緒に通る道ではなく、通ってはいけないと言われていた、
    「もりのみち」を通って行くことに・・・。
    ところが途中とんでもない事が起きてしまいます!!

    表紙の絵と裏腹に、途中恐いくらいの迫力がある絵が出てきます!!
    それに私もビックリしました・・・。

    見ていた子どももビックリ!!

    ハラハラドキドキしながら、やっとのことで「もりのみち」を抜け出す事ができるこんた・・・。

    おあげを買いに行ったはずが、途中あまりに恐い出来事が起きたので、
    お店の人に「○○○」と言ってしまいます!!

    とても楽しめる絵本だと思いますよ!

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    題名からはほのぼのとしたお話を想像していましたが、実際に読んでみると大違い。怖くておかしい。いい意味で予想を裏切られ、とても楽しく読みました。
    娘も大迫力の絵に「こわい〜」と言いながらも、読み終わったら「もう一回!」。怖いけれど、無事におつかいが済んでお母さんのところへ帰って終わるので安心して読めるようです。
    楽しそうに読んでいる私たちの様子が気になったのか、1歳の下の娘も脇から覗いていましたが、「おにだぞ〜」に後ずさり、「おばけだぞ〜」に泣きべそでした。
    波乱万丈のおつかいの後に食べるおいなりさんはさぞかし美味しかったでしょうね。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こんたのおつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット