うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

こんたのおつかい」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

こんたのおつかい 作・絵:田中 友佳子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784198618551
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,615
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 素敵です。

     絵とお話がシンプルでかつマッチングしていて、その上で両方ともとても素敵です。
     こんたがおつかいにでかける穏やかな里の雰囲気が漂う導入、怪しげな「もりのみち」で出会う波乱に満ちた展開、そして、夕焼けの里で母親に迎えられるこんたの喜びの結末。
     作者紹介に「自然の中を走ることが大好き」とありましたが、山里の魅力がいっぱい感じられるのは、そんな所からもきているのでしょうか。

     本書をとても気に入った様子の6歳近くの孫娘の感想。
     「とうふやさんのこのくまさんは、(怖いもりのみちを)知っている(経験している)んだよね」
     そうなんだよね。
     「怖い『もりのみち』を通ってはいけない。安全な『はなのみち』を通りなさい。」と言うお母さんやくまさんは、本当は、『もりのみち』の「てんぐ」や「おに」や「おばけ」に、こんたがさらわれたり食べられたりすることがけっしてないし、『もりのみち』を通ったこんたが大きく成長していることも分かっているんだよね。
     だって、くまさんもラストページのこんたの家族もみんなニコニコ顔。

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • これは面白い!

    息子はまさか、こんな可愛い表紙の絵本に鬼やお化けや、天狗が登場するとは思いもよらなかったようで、最初の天狗が登場した時点で盛り上がっていました。
    とてもユニークで、ドキドキで、親子で楽しく読ませていただきました。
    息子は妖怪達の登場で喜んで、私はこんたの買い物が無事済んだことにホッとしました。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけもでる

    5歳の息子達と一緒に読みました。おつかいに行く時に頼まれた物をわすれるという絵本はよくありますがお使い途中に怖いことが待ちうけているのはこの絵本がはじめてだったので子供達はドキドキしながら聞いてました。こんたが途中で目玉がぐるぐるにになっているのを見て大笑いもしてました。いろんなお化けもでてきて大喜びです。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2月のおはなし会で紹介しました

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子9歳、男の子4歳

    2月は節分があるので、おはなし会で鬼の出てくる
    絵本を探していました。
    鬼の出てくる本がたくさんある中で
    この絵本も候補にあがりました。

    折角鬼の出てくる絵本をたくさん探したので、
    おはなし会の最後に10冊位を紹介することにしました。
    その中でこの絵本も紹介しました。

    お話を聞いてくれた5歳の男の子が、この絵本を
    気に入って嬉しそうに借りて行きました。

    絵本を読みなれていない子でも、絵が可愛らしいですし
    入りやすい絵本だと思います。

    小学校低学年の読み聞かせの時にも、使えそうだと
    思いました。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    「おあげ」のおつかいを頼まれたキツネのこんた。
    いつもお母さんと通るのは「はなのみち」。お母さんが通っちゃダメっていっているのが「もりのみち」。
    こんたは、どうしても「もりのみち」を通りたくなって、進んでしまいました。

    「もりのみち」で待っていたのは、次々出てくる妖怪たち!
    買ってくるものを忘れないように「ああげ、おあげ、おあげ」と呟いていたこんたですが、「もりのみち」を通っているうちに、呪文がどんどん変わっていってしまいます。

    言葉遊びがおもしろいです!ラストも「そうきたか!」という感じでスッキリしますよ。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの本

    タイトルと表紙のこんたのかわいらしさに惹かれて、読んだ本です。

    ところが、おばけや鬼の出てくるお話でした。

    おばけ大嫌いの子供は、途中からびびりまくり・・・

    迫力のある鬼の絵は、本当に怖そうです。

    なんとか無事におつかいができて、一安心ですね。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 吹き出してしまいました

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    最初に『こんた、バスでおつかい』の方を読みました。

    この『こんたのおつかい』の方が、私的にはお気に入りです!
    どちらも、おつかい先で怖い思いをするストーリーなのですが
    こちらの方がドキドキ度は高かったです。
    くるくる目を回して慌てふためくこんたが可笑しくて、思わず吹き出してしまいました。
    こんな状況で、よくおつかいを続行できたなぁ・・・と感心してしまいます。
    私なら、腰を抜かして気絶するかも??

    こんたは、お兄ちゃんだったのですね。
    言いつけこそ守れませんでしたが、親兄弟の為頑張っておつかいしたね。お疲れさま♪

    キラキラ眼のこんたは可愛くてやっぱり憎めません!
    こんたシリーズ3冊目や大型本が出たらいいなと思いました。

    あすの我が家の夕飯は、おいなりで決まりです!

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にドキドキ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    絵が大きく、迫力があるので、幼稚園で読みました。
    こんたはお母さんにお豆腐やさんまでおつかいを頼まれます。
    通ってはだめといわれた森の道を通ったために遭遇する怖いものたち。
    びっくりして、唱えていたおつかいの品がどんどん変化していくのが
    愉快でした。
    子どもたちも察しがよく、怖いものが出てくるな、とドキドキしながら
    次のページを待っていました。
    この怖いもの、私ですらちょっとページをめくるのがためらわれるほど。
    それだけに、盛り上がりました。
    怖いものが苦手なお子さんの場合はあらかじめ大丈夫かどうか確かめてから
    読んであげてほしいです。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ギャップがすごい

    可愛いキツネが野原を歩いている表紙。
    手にはかごをもって、おつかいかな?
    そんなほのぼのした表紙の絵からは想像もできない、このお話の展開。
    このギャップがとても面白いですね。

    「おあげ」を買いにいくときに「おあげ、おあげ・・・」と唱えているのに、○○に出合ったとたんに「○○、○○、・・・」ってなっちゃうところもお約束という感じで(笑)。

    見開きの絵に迫力もあるしセリフも面白いので、大勢への読み聞かせにぴったりの絵本だと思います。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなドキドキ!!

    かわいいのか・・・?
     こわいのか・・・?
       おもしろいのか・・・?
    いろんな要素が詰め込まれた絵本だな〜(*^^)v

    こんたくんはお母さんに「おあげ」を買ってきてね〜とおつかいを頼まれました。
    道が二つに分かれていて、お母さんに通ってはいけないと言われている「もりのみち」に行ってしまうのでした。
    そこで待っていたものは・・・???
    こんたくんは無事におつかいを済ませて帰ってこれるのでしょうか??


    こんたくん・・・とってもカワイイですよね〜
    おつかいもルンルン気分がこちら側にも伝わってきます。

    お母さんとの約束を破ってしまう場面は迫力ある絵が怖くて息子は目をそむけてしまいました。
    (息子はきっとお母さんとの約束は守ろうと心に誓ってくれたハズ・・・???)

    こんたくんのクルクルまわる表情や言い間違いは大笑い!!

    2歳の娘の方が度胸があるのか とても気にいり何度も読んで〜とせがまれますが 5歳の息子は・・・・
    いろんな感じ方があるんですね(^_-)

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こんたのおつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット