なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やっぱり智さん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

きつねとうさぎ ロシアの昔話」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

きつねとうさぎ ロシアの昔話 絵:フランチェスカ・ヤールブソワ
構成:ユーリー.ノルシュテイン
訳:こじま ひろこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784834009958
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,894
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うさぎの表情が気になる

    以前も読んだことがあったのですが、マーシャ・ブラウンの『もりのともだち』を読んでから同じ話だと気付き、もう一度読み比べてみました。

    こちらは絵が印象的です。暗いロシアの森のようです。ただ、うさぎの絵が気になりました。どのページでも目がまんまるで、表情の違いを見つけられません。話では、うさぎが度々泣くのですが、息子がそのその度に「うさぎさん、泣いているの?」と聞いてきます。涙も出ていないし、目がまんまるで、ちっとも悲しそうでもないので、不可解なのかもしれません。

    絵の雰囲気はこちらの方が私の好みですが、小さな子が絵からストーリーを理解するには、『もりのともだち』のほうが楽なようでした。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きつねとうさぎ ロシアの昔話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット