ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

しんせつなともだち」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

しんせつなともだち 作:方 軼羣 (ふあん いーちゅん)
絵:村山 知義
訳:君島 久子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年01月
ISBN:9784834001327
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,172
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思いやり

    だれもかれもが、友達のことを思いやり
    「〜くんはご飯がないかもしれないから、持って行ってあげよう」
    と、寒い中、食料を持って行ってあげます。
    なんて優しく思いやりに溢れているんでしょうね。
    私も子供も、こんな人でありたいです、ずっと。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 他者をおもいやる気持ち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ○○さんはきっとおなかをすかしているにちがいない、とみんなが自分のことだけでなく他者をおもいやる気持ちが良く見えるお話で読んでいて気持ちが良かったです。
    こんな風にして我々の世界もまわっていくといいのになと思います。
    親切っていいですね。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外国のお話なのですね。あったかいお話です。
    登場する動物も分かりやすい動物ばかりで、
    うさぎさんの、優しさがみんなへ、みんなへと
    お互いの思いやりが続いていきます。
    最後はどうなるのでしょうか。おたのしみです。

    とても寒い状況での絵本ですが、心は温まります。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい気持ち

    表紙がとっても可愛かったので思わず手にとりました。
    内容はとってもシンプルですが、友達を思うやさしい気持ちが繋がって、また、自分のところへ戻ってくる・・・素敵ですね。あったかい気持ちになりました。
    3歳の息子は、そんなことよりも、次は誰のおうちかな〜とおうち当てごっこが楽しかったようですが・・・。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやりを知る絵本

    まだ自分が一番大事な年齢ですが、こういう絵本を通して、
    その場にいる人、いない人含めて思いやる気持ちが
    想像できるようになってくれたらいいなと思います。
    登場する動物たちはみな優しげなほっとする姿で
    描かれていて、それも子どもの興味をひいているようでした。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもいやり

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    雪の降り積もる寒い日に動物たちがくりひろげる優しいお話
    相手を思いやる優しさがバトンのように伝わっていき
    最後にはうさぎのところに戻ってきます。

    読み終わった後
    じんじんと「やさしさ」「おもいやり」みたいな
    あたたかいものが体をあたためてくれるような一冊です

    決してひとりじめすることなく
    友達をおもいやって行動に移す姿に感動しました

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやり

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    こうさぎが雪の中でかぶを2つ拾った所から始まります。
    1つは食べずにきっとお腹を空かせているであろう友達の所へ届けるのですが・・・巡り巡って、自分の所に戻ってきます。
    繰り返しのお話でわかりやすく、可愛い動物が次々出て来ますので、小さな子でも楽しめると思います。
    冬の寒い夜、読んであげたい一冊。温かく優しい気持ちにさせてくれます。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が好き

    表紙の絵がとってもかわいくて気に入りました。
    アジアの方が書いたお話なんですね。
    内容はシンプルですが
    しんせつがまわりまわって自分のところに
    戻ってくるってとっても素敵なことだと思います。

    自分のことだけでなく相手を思いやれることの素晴らしさを
    感じられる1冊です。

    いつも表紙が見えるようにして本棚に置いています。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無垢な心に自然にしみ込んでいく作品

     ひと冬越すっていうことは、野に住む動物には辛いことでしょう。
     こうさぎが食べ物探しに出かけて、かぶを二つ見つけます。
     一つを食べて、思いはろばさんへ。
     ここから驚きです。
     自分も食べ物に窮しているのに、残ったもう一つのかぶを他者へと考えるこの優しさ。
     「分かち合う」というできそうでなかなか難しいことを、なんとも軽やかで自然におこなうこうさぎ。
     そして、この小さな親切を静かに(本文では、“そっと”)おこなう、徳の高さ。
     こどもたちは、繰り返し的なお話しにはじめは惹かれ聞いているでしょうが、この素晴らしい優しさに各ページで触れ、「親切」ということが無垢な心に自然にしみ込んでいく作品だと思います。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさが伝わります

    寒くて食べ物のない季節。
    見つけたかぶを皆が他の動物へと譲ってあげる絵本です。
    独り占めにしないで、他の仲間のことを考えてあげる優しさ。
    かぶが戻ってきたウサギは驚いたことでしょう。
    最初に出版されてからもう45年もたつ絵本。
    良書は長く読み継がれていくんだなぁと感じた絵本でした。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しんせつなともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / こんとあき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(101人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット