モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

しんせつなともだち」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

しんせつなともだち 作:方 軼羣 (ふあん いーちゅん)
絵:村山 知義
訳:君島 久子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年01月
ISBN:9784834001327
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,173
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すばらしい安定感

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    1965年発行ということで、今も読み継がれているだけあり、読んでいて非常に安定感を感じます。
    まずは、絵。何を考えているのだろう?って考えさせる動物たちの表情にとってもひかれます。やぎさんは特に秀逸。一見、こわいのですが、やっていることは優しさからくるもの。だから、受け入れられるんですね。
    友達想いの動物たちの気持ちが手渡しのようにぐるっと一周して、また戻ってくる。なんてすてきなんでしょう。優しい心がつながっているのを感じて、友達っていいなあ!って思わせてくれます。
    寒い今の時期に読むと、心がほかほかあたたかくなりますね。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 保育園で子供が借りてきたので読みました。人に親切にすると自分に返ってくるというお話。この絵本の中ではかぶという形で親切な気持ちが表現されていて、こうさぎ→ろば→こやぎ→こじか→こうさぎへと循環していました。最後にかぶを受け取ったこうさぎが、「ともだちがわざわざもってきてくれたんだな」と言っており、友達を信頼している様子も見えました。読んだ後は心がぽっと温かくなります。小さい子供にもわかりやすい親切の形だと思います。

    掲載日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親切ってなあに?

    タイトルを聞いた息子が「しんせつってなあに?」と聞いてきました。あれこれ説明するよりも、この絵本を読んであげた方がすんなり理解してくれたような気がします。寒い雪の中、お腹が空いているであろう友達の為に足を運び、食べ物を分けてあげる。結局その食べ物は誰にも食べられないままお話が終わるのですが、全員がお腹いっぱい、そして胸いっぱいのハッピーエンドです。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさの連鎖

    ずっと気になっていた絵本ですが、借りずにいました。もっと早く借りるべきだったかなというのが感想です。

    かぶを2つ見つけたうさぎが1つをろばにあげようとろばのうちへ。でもろばは留守で…。そうやって1つのかぶがいろんな動物の優しさで、別の動物へ。優しさがいっぱいつまったお話です。冬のお話なので今頃読んだら、心がほっこりしますよ。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしさのリレー

    ちょっとレトロな雰囲気がする挿絵ですが、この絵が昔から好きでずっと本棚に並んでいます。寒くなると読みたくなって、冬になると必ず子供たちと読む絵本です。
    雪が降ってとても寒い日。ふたつのかぶを見つけたうさぎは、ひとつは自分で食べ、もうひとつを友達のろばのところへ持って行きます。ろばは留守だったので家の中にそっとかぶを置いていくと、食べ物を見つけて帰ってきたろばは、うさぎと同じようにそのかぶをこやぎの所へ持って行くのです。こやぎはこじかへ、こじかはうさぎの所へと、かぶは巡りめぐって戻って来ます。
    動物たちのやさしさのリレーを見ていると、自分の気持ちも温かく、やさしくなれるような気がします。子供たちにもこの気持ちが届くといいなぁ。

    掲載日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころあたたまる絵本

    • えほんほんさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    こころがほっとあたたまる絵本です。
    難しい内容ではないですが、とても大切なことを教えてくれる本です。
    読み聞かせている間、こどもも夢中でした。
    読み終わった後は息子が「みんなおともだちにやさしかったね」といった一言が心をあったかくしてくれました。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達を思う気持ち

    寒くてあまり食べ物がないときなのに、「友達も食べ物に困っているかもしれないな」と、順々に友達に食べ物をあげていくようすに胸を打たれました。
    最後には、自分のところに戻ってくるというところも、いいなと思いました。
    親切なことをすると、めぐりめぐって自分に戻って来るんだよという教訓を教わりました。
    「自分のため」ではなく、友達のために……優しくなれそうな絵本でした。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしさが伝わってくる絵本

    買ったときは、すごく地味な絵本だな〜と思いました。
    かなり昔の絵本という感じで
    息子も興味を示さず・・・

    けれど、4歳後半になったころから
    この絵本を読むもってくるようになりました。

    特に読んだ感想なども言わず、ただ私が読んでいるのを
    じっと聞いているのです。

    息子なりに、この絵本に何かを感じているからこそ
    持ってくるのだと思います。

    読んだ後、ホッとします。

    「友達にはやさしくしないとね」

    などといった教訓じみたことは言わないで
    そのまま文章を読んであげてほしいです。

    お友達のやさしさが、ほわわ〜〜んと
    心の中に入ってきます。
    理屈でないもの、やさしさにあふれているんです。

    素敵な余韻を残す本です。
    冬向けですが、夏でも普通に持ってきます。

    季節に関係なく、読みたくなるのでしょうね。
    よくこの絵本を持ってくる息子を見て
    きっとホッとした気持ちに息子もなりたいのだろうなと思いました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心優しいともだち

    寒い冬のなか、うさぎが食べるものを探しに外に出かけます。
    カブを2つみつけたうさぎは1つを友達のロバさんに届けに行きます。
    ロバさんは家にいなかったのでカブを家においていきます。
    ロバさんが外を歩いていると今度はさつまいもをみつけて家に帰ります。
    家に帰るとカブがおいてあるのを見て、驚きながらも他の友達に持っていってあげます。
    こんな調子でずーと出てくる動物たちは、家にあったカブを友達に持っていってあげます。
    最後にはめぐりめぐってウサギの元にカブが戻ってきます。
    みんなの優しさがぐるっと輪になっていました。

    掲載日:2011/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 園児にぜひ

    年中になって、まだまだ自己中心的だけど、少しずつお友達の心を斟酌出来るようになってきた息子。でもやっぱりトラブルになったりケンカになることも。そんな心が成長中の息子の肥やしになればいいかな、と思い図書館で借りてきました。
    真冬の食べ物がない時期に、ひとつのかぶを友達にあげるお話。うさぎから始まってろばへ、ろばからやぎへ、そして最後はこうさぎの元に戻ってきます。質感ある絵と、淡々と進む飾り気のないお話。それだけに友達の良さがストレートに伝わってきます。
    息子のハートに届いたかは分かりませんが、また時間をあけて読んであげたい絵本です。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しんせつなともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / こんとあき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(101人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット