あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

どろぼうがっこう」 大人が読んだ みんなの声

どろぼうがっこう 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年03月
ISBN:9784032060409
評価スコア 4.77
評価ランキング 526
みんなの声 総数 148
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ドリフ的喜劇ですね

    この話を読んでいてなつかしいドリフターズの全員集合を思い出してしまいました。
    どう考えても先生はいかりや長介。
    そう考えると、生徒たちのキャラクターに当てはまる人がそれぞれに浮かんできます。
    舞台劇の一発勝負。
    パターン的で先は見えてしまうのだけれど、味わいがあって面白い。
    かこさん、ドリフターズファンでしたか。
    その当時ならば、ちょっと保護者にはちょっと顰蹙でしたね。
    あの笑いがなつかしい歳になりました。

    投稿日:2012/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • かこさとし

    これを子ども達に紙芝居されたときの子ども達の反応がすごい!
    かこさとしさんは こどもから学柔軟な心を持ってられます
    私も ボランティアで子ども達から いつも元気もらうんですが・・・
    子どものピュアな心は いいですね
    大人も子ども時代過ごしたんですがね・・・・・忘れてしまうのですね
    どろぼうがっこうなんて   常識からしたらブーですね
    でも くまさかとらえもん こうちょうせんせいは、 生徒達に どろぼうしてこいと良い   おかしいと怒るのですが、 すぐに にっこりして
    遠足に行くというのです
    夜に おやつを持って行くのではなく 「ねじまわしと でばぼうちょう」をもってこい
    怖いこわい   こんな恐ろしいことですが ラストに笑えます
    どろぼうがっこうの へんな おはなしです

    今の子ども達にも かこさとしさんが紙芝居された頃の子ども達のような反応してくれるかな?
    今度 学童の子ども達に読んでみて その反応を感じてきます

    おもしろいおはなしに なんだか ホッとさせられますが・・・・
    現実のいろんな事件を聞くと う〜ん ちょっとこういうユーモアセンスも通用しなくなっているんではと 少々悲しいですね!

    投稿日:2018/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく練られたストーリー

    小学生の頃、図書室にあった作品ですが、興味があったものの、
    泥棒というワードに引っかかりを感じて怖くて読めなかった事を思い出しました。
    ということで、大人になってから読む泥棒学校は、なかなか新鮮でした。
    小学生時代でも古風だなあ、という印象でしたが、
    もちろん、古風はそのままですが、よく練られたストーリーに驚かされました。
    題名の通り、泥棒学校の様子を描きます。
    校長先生は、まるで、歌舞伎役者、
    「かわいい」(!?)と称される生徒たちは強面の大人たち。
    何と濃いキャラクターたちでしょう。
    もちろん、宿題も泥棒なんですが、その展開がまさしくコント。
    このノリはドリフターズに匹敵すると思います。
    そして後半は遠足。
    もちろん、豪勢な建物に潜入しますが、その展開がギャフン!のドラえもん的?
    最初は紙芝居として作られたようですが、なるほど、子どもたちに大受けだったのも納得です。
    校長先生の服や、建物などの文様にかこさとしさんのデザインセンスを感じました。
    やはり、かこさとしさんは偉大です。

    投稿日:2018/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あの部屋は?やっぱりね

    なんだか物騒な泥棒学校のおはなしです。
    今日、先生が出した宿題は、どろぼうをすることでしたが、翌日の成績は、だれもかれも零点でした。
    つぎの日は遠足、夜に出かけるこわい遠足です。
    かねもちむらにむかいます。
    おおきなお屋敷に向かった一行は?
    ほら、泥棒は、良くないです。

    投稿日:2017/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代関係なく楽しめる絵本!

    5歳幼稚園年中さんの娘が手に取って来たので一緒に読んでみました。
    かこさとしさんの1973年初版の絵本とあって,昭和感漂いイラストが味がありとてもよかったです!
    子供もイラストに時代を感じることなく終始見入って聞き入っていたのは,やっぱり時代を関係なくよい絵本ということなのだな〜と思いました。
    先生をはじめ,どろぼうがっこうのメンバーは何とも個性豊かで,そこも見応えがありました。
    「さしあし ぬきあし しのびあし」の繰り返しがリズミカルに読むこともあり親子で楽しめました!子供も一緒になって言っていましたよ(笑)。

    投稿日:2016/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大金持ちの家だと思って入ったところが

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    なんと刑務所でした!という斬新なオチでした。個人的に、熊坂先生御一行が刑務所だとは思わずに入る建物が、英字新聞でデザインされていたのがかっこいいなと思いました。でも熊坂先生、どろぼうなのに何で歌舞伎役者みたいなメイクしてるの!笑

    投稿日:2014/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌舞伎役者みたい

    私自身、子どもの頃読んでおかしくて
    たまらなくて覚えていた本です。

    まず、くまさかせんせーが歌舞伎役者のようで、
    インパクトの強いこと!
    また生徒も変!
    物語の始まりは宮沢賢治のように穏やかに語られるのに、
    内容がおかしいことおかしいこと・・・・。
    かわいい生徒・・ってかわいくないー!
    子ども心にツッコミたくなる要素が満載でした。

    大人になって読んだ今も、ニヤニヤしてしまう面白さ。
    出版されて年月がたっているのに、
    古さをかんじさせないのがまた不思議ですね。

    息子がもうすこし大きくなったら、
    一緒に読みたいと思っています。

    投稿日:2011/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒学校の遠足

    とても楽しい愉快な絵本です。泥棒学校の生徒たちもまが抜けておっち

    ょこちょいで可愛い生徒ばかりですが、校長先生の「くまさか とらえ

    もん」 名前も怖そうですが、顔も怖いですが、生徒たちと一緒です。

    なんにも盗ってないのに、盗みに入った所が一番大きな刑務所とは、折

    角の遠足で牢屋入りになってしまってちょっと同情してしまいます。

    でも生徒たちも充分に怖い泥棒みたいなかっこうをしているので似合っ

    ているのも笑えました。遠足なら校長先生、下見ってしないのですか?

    って、聞きたくなりました。楽しい愉快な絵本です。

    投稿日:2011/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    この本はかなり面白い!娘にはまだはや過ぎると思いますが、その代わり大人の私が十分楽しみました。ユーモアいっぱいで、想像力をかきたてられるような本です。小学校くらいからいけそうなのでぜひ甥っ子に読んであげたいと思いました。おすすめです。

    投稿日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいすぎな生徒たち。

    くまさかせんせいが歌舞伎調なので非現実的なものとして
    読めると思います。
    「かわいいせいとたち」が かわいすぎです。
    絵本とは思えない人相に驚いてしまいました。
    さすがに包丁を持っての遠足は子供に見せづらいかも・・・
    子どもはわるいことを企む人たちが一網打尽にされる達成感を
    感じたりするのかなぁと思いました。

    投稿日:2009/05/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どろぼうがっこう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

全ページためしよみ
年齢別絵本セット