十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

うみへいくピン・ポン・バス」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

うみへいくピン・ポン・バス 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784032211405
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,828
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こちらのほうが好き

    バスに乗ることが大好きな2歳の息子と、前作の『ピン・ポン・バス』と一緒に読みました。海へ行くというドキドキワクワクの気分も手伝って、爽やかで楽しい雰囲気が出ているので、わたし的には前作よりもこちらの方が好きです。
    息子はバスだけでなく、パトカーやショベルカー、特急電車や消防車などが登場するのが嬉しかったようで、「あ、ピーポーだ!」「あ!でんしゃだ!」と指を指して喜んでいました。
    この本を読むと、海に遊びに行きたくなってきます。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろいろな車が載っている

    • 魔女のキキさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    読み聞かせをしてもあまり聞いていない息子ですが、
    車がとても好きなので、この絵本は自分で出してきて
    バス、パトカー、消防車などのたくさんの車を
    喜んで見ています。
    車の好きな男の子にはとてもいい本だと思います。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • さわやかさを感じる

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    バスターミナルから海に行くまでを、素朴な絵と言葉で、つづっています。
    最初は特に惹かれなかったのですが、何度も読むうちに、海までバスで行けたらいいのにな・・・と思い始め、夏のさわやかさを感じるまでになりました。
    息子が何度も読みたがり、図書館で借りること、三回目です。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンポーン♪

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    乗り物大好きな2歳半の息子に借りてみました。
    バスを見るのも乗るのも好きなので予想通り気に入って何度も読みました。
    坂道の場面で、車内で男の子が立っている姿に「何で立ってるの?」と毎回聞かれます。
    子供って絵をよく見てますね。
    危ないから座った方がいいよね〜とマナーのお勉強。

    これは続編だったんですね。
    前作も評判がいいみたいなので是非読んでみようと思います。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一〜二歳から楽しめるのでは?

    もうすぐ三歳になる息子に読みました。今、ジャストかもう少し早くから読んであげても良かったなぁと思える絵本です。竹下さんの絵本は初めて読みましたが、とてもテンポよく読めるお話で読んでいて気持ちの良くなる絵本です。今回図書館で借りて読みましたが、早速購入しようと思います。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • バス好きっ子はきっと揃えちゃうなあ

    ピンポンバスが大好きな2歳息子。
    続編のこちらが嫌いなはずありません。
    日常の街中を走っていた前冊と違って、今回は海沿いということでちょっと旅行気分満点。海の潮の香りまで漂ってきそうです。
    でもそこは路線バス。あくまでその海沿いの町の日常を切り取るような感じで、何故か懐かしいような気持ちになってしまいます。
    前冊と運転手さんは一緒かと思いきや、違うのですが。出発のバスターミナルは前冊のバスと一緒?!みたいなつながりも描かれていて、続編としての面白さもあるように思います。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話

    息子の好きなバスと海が二つ出てきます。読んでいると海へ行った気分、夏の潮風を感じられる絵本でとても爽やかです。この絵本でバスに乗るとピンポンを押したがるようになり、「ピンポンピンポン」とよく言葉を発しています^^

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • バス大好きの息子のお気に入り!

    1歳を過ぎた頃から、バスを見るたびに「バチュ(バス)!バチュ!」と叫び、バスのおもちゃも大好きな息子。
    そんな息子への2歳の誕生日に、伯父さん(ママの兄)が3、4軒の本屋さんに足を運び、「これはいい!」と選んでくれた絵本です。

    駅前のバスターミナルから岬灯台へ。途中、商店街にあるパン屋の前で止まったり、消防署の隣で止まったり。踏切もあります。さらに、坂道があったりトンネルがあったり。まるで自分もバスに乗っている気分になります。絵本の中の男の子がバスのボタンを押すシーンもあり、息子も「ピン・ポーン」と言いながらボタンを押して、楽しんでいます。

    中でも、男の子が「あっ、海だ!」と叫んだ時に見える海の景色が素敵です。
    私の大好きだった祖母が鳴門に住んでいて、私が子供の頃、夏休みになると鳴門を訪れていたのですが、鳴門を訪れた時に感じた「あっ、おばあちゃんのいる鳴門の海だあ!」と感じた風景とそっくりです。
    息子を鳴門や淡路島に連れて行くことがあり、その時息子が見る海、そして息子の大好きなバス…その両方が楽しめる絵本ということで、私の兄が選んでくれました。

    私は絵本を選ぶ時に、人気のある本、評価の高い本をネットで調べることがほとんどなのですが、今のようなデジタルの時代に、アナログという方法(自分の足)で、この『うみへいくピン・ポン・バス』を探し出してくれた兄に感謝、感謝です!

    掲載日:2010/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    さりげなく登場する鳥たちに鈴木まもるさんの絵だなと感じます。
    後ろの座席でずっとパンを食べている人が息子は気になるらしく
    「たべてる」と言って注目しています。
    いろいろなはたらく車がでてくるところもよいです。
    ひとりひとりの登場人物をこどもは注意深く見ている様子です。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海へ行きたくなります

    電車よりバスのほうが好きな息子の大のお気に入りの作品です。
    一作目よりもこちらのほうが好みのよう。
    ページをめくるごとに海に近づいていくのでドキドキ。

    男の子がピンポンを押す時は息子も一緒にピンポンを押してます。
    キラキラした海の描写、バスから見える風景がとても綺麗で
    真夏の海に行きたくなってきました。
    海水浴や釣りに行く前に読んで行くと、更に気分が盛り上がりそう。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うみへいくピン・ポン・バス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ともだちや / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(96人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット