だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うみへいくピン・ポン・バス」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

うみへいくピン・ポン・バス 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784032211405
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,827
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 購入したのは2歳(後半)の時だったかもしれません。
    購入した当初から3歳半になった今も、ず〜っとず〜っとお気に入りの絵本です。

    元々車が好きな子でしたが、この絵本を買って以来
    「バスに乗りたい!バスニノリタイ!」と、もううるさい位で…
    今春から幼稚園に通い始めましたが
    入園前からもうとにかく「早く(園)バスに乗りたい」と目を輝かせていました。
    おかげさまで、通園初日から飛び込む勢いで園バスに乗り込み
    毎日嬉しそうにきちんと座って乗っています。

    路線バスが主役の絵本ですが、バス以外の登場物にも「しっかり命が宿っている」と感じさせてくれる絵本です。
    何度も何度も息子と一緒に読んでいますが
    「バスに乗っている人がおにぎり(←パンだと思う)を食べている」とか「ここに猫がいる」とか、息子が色んなことを私に教えてくれます(笑)

    想像力を養ってくれる素敵な絵本でもありますし、
    バス通園を控えているなら「バスを好きになる&車内マナーが垣間見える」という意味でもお勧めの絵本です。

    掲載日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • きれいな景色が楽しめる

    図書館で3歳になる息子が自分で選んできた絵本です。
    最初に読んだ時から、ずっとお気に入りの絵本で
    今では、外出するときにも持って出かけています。

    竹内さん鈴木さんご夫婦の絵本は、文章も人の表情や景色などの絵柄が優しくてとっても素敵

    この絵本もいつものように素敵な絵本です。
    とくに海に向かうバスの景色が綺麗
    海にむかうまでの間も、子供のすきな場面がたくさん散りばめられています。

    バスから見えるいろいろな景色を一緒に楽しめる
    子供と家の中にいて旅行している気分になる絵本です。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 乗り物好きなコはたまらない

    乗り物が大好きなお子様におすすめです。

    この絵本はスゴイ!

    バスだけでなく、重機・パトカー・消防車・ゴミ収集車などさまざまな乗り物に出会うコトが出来ます。

    男の子はたまらないかも。

    息子は楽しんでいました。

    読んでいると、本当にバスに乗っている感覚になります。

    バスでお出掛けしたくなりました。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 乗っている人

    ごっこ遊びでよくバスの運転手をやっている娘。
    「ご乗車、ありがとうございました」「お降りの方はボタンでお知らせください」「次、止まります」など、臨場感のあるバスごっこをやっているので、この絵本も楽しかったようです。
    またバスだけでなく、乗っている人の絵をしっかり見ているのも驚きでした。
    子どもって、絵本の意外なところを見ているものだな〜と気づかされました。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    青いバスがさわやかな感じでいいですね。
    海まで向かう道中の町の様子やみんながピンポーンとボタンを押して降りるさまがすごく日常だなーと思いました。
    今3歳児の娘とバスに乗ったら絶対にピンポン!と押したがるんだろうなー。あまりバスに乗る機会がないのですが確信があります。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前作より面白い

    3歳なりたての車大好き息子が図書館で選んだ1冊。
    鈴木さんと竹下さんコンビの乗り物絵本は、
    息子にはほぼ外れがありません。

    こちらは駅で始まり、バスにのり、海へ遊びにいく話。
    「海」という非日常性に、ワクワクします。
    描かれている風景も、日本の海の町や村といった感じでいいです。
    個人的には前作より面白かったです。

    息子はとても気に入っていました。

    掲載日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • バス好きの娘にぴったりでした。

    • 入浴さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    赤ちゃんのころ、バス停が家の近くにあるため、移動によくバスを使いました。

    そのせいか、娘は大のバス好きで、小さい頃は用が無くてもよくバスに乗ってお出かけをしました。

    そんな娘が図書館で自分で読んでほしいと見つけてきました。


    特に駅のシーンが大好きなようで、電車から降りてくる人をじっくりみたり、色々な行き先のバスをじっくりみています。

    (あと、運転手さんの手についている毛がなんだか分からないようで、いつも聞かれますw)


    こちらの絵本は描写が美しく、私も読んでいて楽しかったので手元に置いておきたく購入しました。


    電車やバスというと男の子の絵本という感じがしますが、この本は絵がきれいなので、女の子にもお勧めです。

    掲載日:2014/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパと息子で

    「ピン・ポン・バス」が大ヒットだったので、
    続編の「うみへいくピン・ポン・バス」も
    図書館で借りてみました。

    なぜか、「ピン・ポン・バス」はパパに
    読んでもらうと決めている息子。
    「うみへいく」を見せると、すかさず、
    「パパ読んで〜」と走っていきました。
    なぜ、ママではいけないのか・・・(笑)
    男同士でバスの旅を楽しみたいのでしょうか。。。

    息子は、続編も変わらず気に入っている様子ですが、
    読み手のパパは、「うみへいく」より
    「ピン・ポン・バス」の方が好きなんだそうです。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 景色がいい!

    正直なところ、私は第1作目のピンポンバスのほうが好きです。人々の表情や細かな描写があって細やかなところまで楽しめるのが、1作目。こちらはどちらかというと全体の雰囲気や景色、色がとてもきれいでそこが魅力的な本だと思います。息子は乗り物が大好きなので、どちらも何度も読み込み、お気に入りのシリーズになっています。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物好きな子に

    『ピン・ポン・バス』の第2弾[i:151]
    今回もピンポンと鳴り色々停まっていくのですが、乗った男の子が
    海まで行くストーリー。
    今回は色々な車も登場するので乗り物好きの子にはより嬉しいかな。

    掲載日:2012/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うみへいくピン・ポン・バス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ともだちや / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(96人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット