ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほしの試し読みができます!
作・絵: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
谷口智則さん新作絵本!星が消えてしまった世界のおはなし

とくべえとおへそ」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

とくべえとおへそ 作:桂 文我
絵:田島 征彦
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784494012404
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,830
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コミカルなのに、詩的で綺麗な表現

     表紙絵から笑いは始まりました。

     上方落語「月宮殿星の都」からの出典です。
     作者の桂文我さんは、平成の今日では、舞台に掛けられることのなかったネタや、稀にしか上演されなくなってしまった珍品を新たに仕立て上げる作業に精力的に取り組んでいらっしゃる方だそうです。
     このお話しも「地獄八景亡者の戯れ」的なノリで 新たな仕立てになさったお話しだそうです。

     大うなぎを釣り上げてそのまま中天まで引っ張られ、置き去りにされたとくべえさん。
     かつて助けたカミナリのごろぞうさんに歓待させれます。
     虹のそうめん。 あられのみぞれ和え。 はるさめのしぐれ。
     想像するだけで綺麗だろうなと思いましたが、しっかりシャレもきいています。

     さてさて、ちょうどこの日は月宮殿というお屋敷のお祭りの日。
     しっかり変装し、仕上げに夕焼けの赤い粉をまぶして、ごろぞうさん一家と祭り見物に。 
     お屋敷の王様とお后様に差し出されたのは、下界の人間のたちから取ってきたおへそがこんもり。
     これを目撃した、とくべえさんはごろぞうさんの力を借りて、人間たちへ返してあげる策を練ります。……。

     状況はコミカルなのですが、おへそを返す表現はなんとも詩的で綺麗な表現です。
     落語だということを忘れそう。
     下界の人間の「おへそがかえってきたぁーっ」の声が聞こえるくだりで、そうそうこれは落語だと気持ちを戻されます。
     絵本ならでは出せる臨場感が、お話しを聞くこどもたちを喜ばせそうです。
     表紙だけでもご覧になってみてください。
     思わず開きたくなりますよ。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とくべえとおへそ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット