おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

こわがりのかえるぼうや」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

こわがりのかえるぼうや 作・絵:キティ・クローザー
訳:平岡 敦
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年
ISBN:9784198616786
評価スコア 4.26
評価ランキング 13,936
みんなの声 総数 22
「こわがりのかえるぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 正体が分かれば大丈夫!

    怖がりのかえるの主人公は、夜に聞こえた音が怖くて何度もパパやママを起こしにいきます。気のせいだと決め付けていたパパですが、気づくとたしかに妙な音が聞こえます。子供のジェロームを起こして、外にでて音の正体を確かめると。モグラと鳥と魚がたてた音だと正体が分かります。それがわかって、ジェロームももう怖くなくなります。

    怖いからといってただ「大丈夫、パパやママがいるよ」となぐさめるのでもなく、「気のせいさ」ととりあわないのでもなく、一緒に確かめることで、ことで、恐怖の原因自体がなくなると、子供も次からも「自分で確かめようか」と思うかもしれません。

    恐怖の克服方法としてはなかなか良いのではないかと思います。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こわがりのかえるぼうや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / くだもの / おおきなかぶ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す


西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット