おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

えんにち奇想天外」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

えんにち奇想天外 作:齋藤 孝
絵:つちだのぶこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784593560462
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,691
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あこがれっ!!

    子どもの頃、会話の途中途中に、四字熟語を使う近所の子がほんとにいたんです!意味もわからずにきいていた私でしたが、母親にすごいよね〜!と話すと、「おばあちゃんと一緒に住んでいるからだろうね」と言われたのを覚えています。うちは核家族でしたので、その子がうらやましく、あこがれでした。今、息子たちも核家族・・・。おばあちゃんと会える日も少ないですし、私自身、四字熟語をうまく使いこなして会話できるわけではないので、この絵本を通して、四字熟語を身近に感じることができれば・・・と思いました。お話としても楽しめます!読みながら。この四字熟語の意味は・・・???あとで調べなきゃ(汗)と思いながら読んだページもあり情けなかったですが、最後のページにちゃんと四字熟語と意味が載っていたので感激でした。絵もかわいいですし、大好きな一冊です!私も、子どもの頃に、この絵本と出会えていたらよかったな〜と思いました。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声をだして 美しい 日本語を

     『おっと合点承知之助』も大好きですが、今の季節はこちらにしましょう。
     えんにちに行く兄妹とおじいちゃん。
     四字熟語を駆使しての楽しい会話。

     大人ですら漢字離れで、使えない書けないこのご時世。
     この絵本を通し、どのような場面で使う言葉か自然と学べます。
     やはり、声に出して言ってみないと、音のおもしろさや、ニュアンスは理解できないと思います。
     改めて大きな声で読んでみると、“日本語って、美しいな〜”と思います。
     最後のページに、出てきたすべての四字熟語の解説があり、親切だと思いました。
     
     『おっと合点承知之助』もそうでしたが、つちだ先生の絵は生きがよくって、テンポよく読み進めえられます。
    『こんなところまで細かくすごい〜』っていうところが、各ページ必ずあります。一度読んだ後、息子も隅々見回して『おっと合点承知之助』で活躍した忍者さん探しを堪能していました。
     見返しの飴細工が、読み手をえんにちの雰囲気へ、連れて行ってくれます。

     5歳ぐらいから読めると思います。

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんにち奇想天外」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット