ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

14ひきのあきまつり」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

14ひきのあきまつり 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784494008575
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,905
みんなの声 総数 90
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ちょっと難解な展開

    14ひきシリーズのあさごはんを息子が気に入った様子だったので、こちらも借りてみました。

    秋の森でかくれんぼしていたら、ろっくんが見つからず、その間になぜか秋祭りがはじまるという話です。しかし、2歳半の息子にはその話の展開がよくわからなかったようです。また、絵が繊細なのですが、見開き1ページが1つの色を基調として描かれており、ねずみ兄弟も他の物も、見つけにくいようでした。お祭りのかけ声の「せいや、せいや」も私には馴染みがなく、あまり親しみを持てませんでした。

    シリーズものは途中でネタがつきるのか、1冊は良くても他のは今ひとつということがおおいように思いました。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 秋がいっぱい

    娘が大好きな14ひきシリーズ。
    今回はだいだい色の表紙にちょっと驚いている様子でした。

    ページをひらくと、そこはまさに秋の世界。
    秋を感じるものがいっぱい詰まった誌面です。
    こんなにたくさんの落ち葉がしきつめられた場所、都会育ちの娘にはきっと想像がつかないことでしょう。
    せめて絵本の世界の中だけでも味あわせてあげたいです。
    よーく見ると、小さな虫たちが描かれているのはこれまで通り。
    そんな虫たちを探したりして、楽しく読みました。

    掲載日:2014/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いきなり

    譲ってもらった絵本の中にこのシリーズがありました。
    2歳の息子ですが気に入ったようで、何度も読まされます。

    しかしこの「あきまつり」だけはいきなりファンタジーな世界になっていて、きのこが!動き出して私たち親がびっくり…。
    せいやせいや!… まつりは「わっしょい」の方が馴染みがある私。

    息子は「ろっくーーん」って楽しんでるみたいですが、
    親としては違和感が拭えません。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節を感じられます

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    子供が好きな14ひきシリーズ。
    秋を感じてほしく、読んでみました。
    このシリーズは季節が感じられるところもいいですね。
    できれば子供にも自然を実物で感じさせてあげたいです。
    お気に入りでよく読むので子供がシリーズ共通の最初にある14ひきの紹介文を暗記したようでした。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな絵本!!

    14ひきのねずみシリーズは、実はあまり読んだことが
    なかったのですが、あるときこの絵本を本屋さんで
    見つけたら、娘が一目見て気に入ったようでした。
    開いてみると、とにかく色彩がきれいで、見ていて
    とても楽しかったです♪
    どんぐりや落ち葉など、とてもきれいで、ちょうど
    どんぐり拾いがブームの娘にはぴったりの絵本でした♪
    他のシリーズも読んでみようと思います!

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙に誘われて☆

    表紙がとても素敵だったので、図書館で借りてみました。
    3歳になる少し前に読んであげたのですが、いまいち反応なし。。
    1度きりでリピート本にもならなかったです。。。どうしてかしら?
    息子にはお話が少し分かりにくかったようなので、
    じゃ〜ねずみさん探しで盛り上がろう!なーんて思ったのですが、
    全体的に同化しており、探しにくかったようで盛り上がらず。。。
    もう少しお兄ちゃんになってから、再チャレンジしてみますね。

    14ひきシリーズは初めてだったのですが、評価をみていると
    シリーズによって子供の好みが変わるようなので、
    他のシリーズも読んであげたいと思います。
    おいもや、あさごはん あたりだと、子供の日常に身近な
    内容なので、喜んでみてくれるかな!?と期待しています☆

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動く秋のみのり

    『14ひきの〜』シリーズが大好きな娘に読みました。
    他の本はわりと現実味のある内容が多い中、きのこやどんぐりがおみこしを担ぐ!!という設定にかなりびっくりしてしまいました。
    でも、絵が秋の色でうめつくされていて、とってもにぎやかで印象に残ります。
    このシリーズは最後にみんなでごはんを食べるシーンがあり、いつも家族団らんっていいな〜と思わせてくれて、私もお気に入りです。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋満載

    シリーズのどの作品も、季節感あふれるもので楽しみにしています。
    この「あきまつり」は、秋の魅力が満載でしたね。
    紅葉の赤やオレンジ・黄色の鮮やかさが、目を惹きました。
    どんぐりにきのこ、秋を感じられるポイントが多くて、また来年の秋にも読みたいと思いました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきまつりっていいなあ!

     そのときそのときの季節に合わせて購入している14ひきシリーズ。今回は「秋」を満喫しました。読み進めていくと、表紙にあるオレンジ色だけでなく、お祭りの場面は赤っぽい色であったり、想像とは一味違って素敵でした! また、私が持っている14ひきシリーズは、ゆったりしたお話が多いのですが(まだ全部持っていないので)、このお話はろっくん探しからあきまつりへ!と、勢いがあり、子供も吸い込まれるように見入っています!

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋の森の秘密に想像がふくらみます

    森でかくれんぼをしていた一家は、
    森の住人のお祭りに遭遇します。

    ガサガサした秋の森の中、
    この本と同じように不思議なことが起きているかもしれません。
    きのこやどんぐり・・、秋の森の秘密に想像がふくらむ絵本です。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「14ひきのあきまつり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット