十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

14ひきのあきまつり」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

14ひきのあきまつり 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784494008575
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,902
みんなの声 総数 90
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 秋色満載な絵本!

    おばあちゃんとネズミの子供達のかくれんぼから始まる秋のお話です。
    ろっくんがいなくなってしまい。。
    きのこに紅葉した落ち葉,秋の自然が満載な絵本です。
    秋色満載な絵本です!
    ろっくんも無事に見つかり,最後はきのこたっぷりのお夕飯。
    秋に読みたい絵本ですね!

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋にぴったり

    いわむらかずおさんの絵は本当に素敵です。繊細で色もすごく綺麗で。見ているだけでうっとりしてしまいます。

    2歳次女はろっくん探しに夢中でしたが、途中くりたけ兄弟が駆け出したとこからは、きのこに夢中になっていました。みんなでおみこしをしている場面は圧巻。この季節に読んでもらいたい1冊です。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豊かな自然の森の秋

    14ひきシリーズは親子共々大好きなシリーズです。
    今回のお話は、他のシリーズとはちょっとお話の雰囲気が違います。
    日常の家族団欒の様子を描いている他のシリーズとは違って、ネズミやカエルたち、どんぐりやきのこがお神輿を担ぐ秋祭りを描いた、一風変わったお話です。
    娘は最初のかくれんぼの場面から、もう夢中。どうしても見つからないろっくんを真剣に探していました。
    落ち葉や、どんぐり、きのこ等々・・・、秋の森の様子がいわむらさんの優しいタッチで温かく描かれていて、絵本を通して『秋』の空気が漂ってくるようです。
    お話中に出てくる沢山のきのこたち。
    きのこの名前の紹介も描かれているので、ひとつひとつ名前を確認しながら読んでいきました。
    娘は「これは毒キノコかなぁ?」なんて想像したりして・・・。
    秋の雰囲気を味わえる、素敵な絵本です。

    掲載日:2010/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋らしい色使いです。

    娘の大好きな14匹シリーズ。
    「あきまつり」は「あき」というだけあって色使いが秋そのものです。
    兄弟たちが、かくれんぼをしています。
    ろっくんがどこにもいないことから、森の中を探し回ります。
    すると、きのこがお神輿をかついで「せいやせいや」と秋祭りが始まっています。
    あきまつりには沢山のきのこや昆虫たちが勢揃い。
    娘も虫探しに夢中でろっくんを忘れてしまっていたくらいリズミカルで楽しい秋祭りでした。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「14ひきのあきまつり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

全ページためしよみ
年齢別絵本セット