雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おかあさんになるってどんなこと」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おかあさんになるってどんなこと 作:内田 麟太郎
絵:中村 悦子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784569684703
評価スコア 4.85
評価ランキング 88
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかあさんだって泣いていいのです。

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    わが子をぎゅっと抱きしめて、子どものにおい、ぬくもり、声を身体で確かめる瞬間・・・人間であろうと、動物であろうと、
    母親としての幸福感は同じであると知りました。
    ミミちゃんの「しんぱいして おもわずぎゅっとだきしめて おもわずなみだがでることよ」を言ったとき、
    横で聞いていたわが子が驚くくらい涙がこみ上げてきました。
    愛おしさを再確認してふと涙が出たり、何気ない日常の反省をしながら涙が出たり、お母さんは大忙しです。
    ・・・でも、おかあさんだって泣いていいんだよね。
    子どもの前で愛情の涙を流してもいいんだなって思いました。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ごくごく自然であること

    これは、「子ども」にというより、親のための本でしょう。
    7歳の息子は、「なんだかよくわかんないや。」という感想でした(^^)
    そうね、なんだかよくわからないだろうね。お母さんにはよくわかるけどね、そういう絵本です。
    「おかあさんになるってどんなこと?」
    そう聞かれて、すぐに、こうだっていう答えは出てこないでしょう。
    でも、子どもの名前を呼ぶこと...
    子どもと手をつないで歩くこと...
    そんな小さなこと。小さなことを幸せと思えること、なのでしょうね。
    「お母さんになるってことは、心配して思わずぎゅっと抱きしめて、思わず涙が出ること。」
    普段は気づかないもの。でも、「何か」になろうとするのではなく、「何か」をなそうとするのではなく、ごくごく自然に子どもの幸せを祈れる、それがお母さんなんだよって言われているようで、がんばりすぎてるお母さん、ちょっと気持ちをゆったりもちましょうね。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • おかあさんの極意

    このお話は二匹の子ウサギがお母さんに「お母さんになるってどんなこと?」と、色々質問して、それにお母さんがい親切に答えてあげていたお話でした。お母さんからお母さんになることの極意みたいなものを教えてもらったので、もうこの子ウサギたちは大きくなったら素敵なお母さんになれそうですね。

    掲載日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おかあさんになるってどんなこと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / どうぞのいす / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット