だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

まゆとりゅう」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

まゆとりゅう 作:富安 陽子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784834023077
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,322
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 龍!!

    息子が龍に興味を持っているので借りてきました。
    春の訪れを告げる龍がまゆの元へとやってくるお話です。

    前半の準備をするゆったりとした時間から、
    龍の登場によって物語が一気に加速、
    ダイナミックに、迷いなく描かれた龍の姿と
    その動きに目を奪われます。
    そしてその後の子どもの龍の優しい抱擁…
    とぐろの中に抱きしめるなんて・・・
    龍ならではの素敵な愛情表現がとても素敵です。
    息子はこのシーンが大好きで、
    「ママ、龍になって抱きしめて!」と
    同じようにしてほしいとねだってきます。

    冬から春に切り替わる季節にぴったりの一冊です。

    掲載日:2012/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し大きくなってから

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    「まゆとおに」を大層気に入った娘の為に、図書館で探してきて読みました。

    あちらの絵本に比べると、ほんの少し文章が長めのためでしょうか、
    飽きてパラパラとめくられてしまい、
    じっくり読むことが全く出来ませんでした;

    「まゆとおに」は、手元に置く事を決めたくらい何度もじっくり読めたのですけれど、
    こちらは2歳児にはちょっと早かったようです、残念・・・。

    もう少し大きくなってから、改めて読んであげようと思っています^^

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の嵐の正体は

    先日読んだ『まゆとおに』を息子がとても気に入っていたので、こちらも読んでみました。

    春の嵐の正体は龍だったのですね。自然の荒々しさを描く中にも、子供の龍とのふれ合いもあって、ほっとします。

    息子は、鬼は最近とても関心のあるテーマのようで、何となく「知っているもの」と思っているようでしたが、「りゅう」は初めて接し、かなり動揺していました。迫力ある絵と文章なので、すぐに絵本の世界に引き込まれていきます。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の訪れ

    「やまんばのむすめ まゆのおはなし」シリーズは、どれもハートがあ

    って温かいし、カラットしていて爽快な気持ちになられるから大好きで

    す。やまんばかあさんが、お料理上手だし、なによりおもてなしの心づ

    かいが素敵です。

    まゆにもいっぱい愛情を注いでいるし読んでいても嬉しくなります。

    竜にちびちゃんが生まれたのもとっても嬉しくなりました。

    この絵本「まゆとりゅう」もとっても素敵な絵本で大好きです。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まゆとりゅう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット