あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ちょうちょのしろちゃん」 大人が読んだ みんなの声

ちょうちょのしろちゃん 作:高家 博成 仲川 道子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784494003341
評価スコア 4.06
評価ランキング 18,094
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの好奇心を刺激してくれます。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    高家博成さんと仲川道子さんのコンビで描かれた
    この「かわいいむしのえほん」シリーズは、
    子どもたちにも人気ですが、私も大好きな絵本です。
    虫たちの生態を、小さな子どもたちにもわかりやすく、
    ものがたりを通して教えてくれています。

    今回の主人公は、モンシロチョウのしろちゃん。
    モンシロチョウが、ひらひらと頼りなげに飛ぶのは訳があったんです。
    天敵の鳥に襲われた時、ひらひらとして目標が定まらない飛び方をすると、
    襲われても捕まえられない。
    そうして、身を守っているんです。

    ちょうちょを観察していると、時々、前足で目をこすっているのを見かけます。
    これは、目についた花粉を、前足で拭って身繕いしているのです。

    そういったお話も出てきます。

    この絵本を読んだら、外に飛び出して、虫たちを観察したくなりますね。

    生きている虫たちを見たくなるように思わせてくれる絵本っていいなって思います。

    どんどん、どんどん、子どもたちの好奇心を刺激してほしい。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツ畑にモンシロチョウがたくさん飛んでいたのを子供のころ見たことがあります
    たまごからモンシロチョウになるまでの様子がよくわかります
    蜜をすう様子 マンガチックです

    あとがきのモンシロチョウのくらしを読むといろんなことがよくわかりました

    花粉が目につくとまわりが見えなくなるので前足で身づくろいするとのこと なるほど 実際にこんな姿見てみたいですね

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちょうちょのしろちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット