だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おばけのブルブル」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけのブルブル 作・絵:荒井 良二
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784061322981
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,721
みんなの声 総数 33
「おばけのブルブル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 異空間

    荒井良二さんのお話は、とっても不思議な空気感。

    人形劇なのか、おばけの物語なのか、境目がはっきりしないまま、ふわふわ〜ふわふわ〜と流れていると思ったら、突拍子もない展開になってたり…。

    でも、いつの間にか、頭の中に不思議な音楽は流れてるし、ふわふわ〜ふわふわ〜とストーリーにのっかってしまってるし。
    のっかりながらも、頭の中では、勝手に空想が広がっていくような感じもあります。

    ナンセンスでもないし、メルヘンともすこしちがうし、主張しないし、、、
    どんなものにも属さない、“異空間”という感じがします。
    でも、とっても心地よくもあります。

    ワイワイ読むより、ひとりで読んで、浸っていたい。
    空想好きなこどもたちにオススメです。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今のあなたがステキなんだよ

    3歳、7歳の兄弟のために読みました。

    おばけのお話が好きなので読んだのですが、いわゆる、おばけの話の怖さ、というものはありません。でも、気の弱いおばけのブルブルが出てきて、そのブルブルが変身して友達のおばけのスナオナオと一緒に人間の世界に遊びに行って、、、というお話の流れはそれなりに子どもたちも楽しんでいました。

    お話の最後の、今のままが一番いいね、というところは、なんだかほっとする部分ですね。今のあなたが一番ステキなんだよ!今のあなたが大好きなんだよ!て子どもに言ってあげたいです。

    掲載日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前の一冊にぴったり

    息子は、本に出てくるおばけの「スナオナオ」に自分の名前が似ているので、妙に反応していました。

    人形劇という設定なのですが、ブルブルとスナオナオが出て来る辺りから、話に引き込まれて、人形劇という設定を忘れていきました。

    静かに夜を終える感じが、おやすみ前の一冊にぴったりなのではないかと思いました。

    掲載日:2009/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのブルブル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット