マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

おばけのブルブル」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけのブルブル 作・絵:荒井 良二
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784061322981
評価スコア 3.88
評価ランキング 30,221
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「このままが、一番いいね。」

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    まず、赤い表紙が印象的。

    絵本は、その表紙からすでに話しが始まっています。
    とうぜん、表紙をめくった見返しの部分も、
    じっくりと絵を楽しみます。

    金色の背景に、中国の絵のような墨絵。
    娘も私も興味しんしんで、眺めていました。
    とても、味のある絵になっています。

    おはなしは、臆病なブルブルが主人公。
    絵本だけど、「人形劇」の形をとっています。
    なので、効果音や解説がでてきます。

    ブルブルのところに、素直なおばけスナオナオがやってきます。
    スナオナオは、ブルブルの良き理解者のようです。
    自分を理解してくれる存在の人がいるっていうことは、
    とても、励みになりますよね。

    ふたりは、人間の世界にいって有名になります。
    でも、あまりにも忙しくて、くたくたになってしまい、
    おばけの世界に帰っていきます。

    「このままが いちばん いいね。」

    ふたりの言葉が、とても心に刺さりました。

    今のままがいい。
    今のあなたが、一番ステキ。
    そう、このえほんは、教えてくれているのかもしれません。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのブルブル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット