ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

これはのみのぴこ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

これはのみのぴこ 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:サンリード
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年
ISBN:9784914985011
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,872
みんなの声 総数 101
「これはのみのぴこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どんどんふえていく〜

    言葉のおもしろさに興味を持ち始めた息子にいいなと思いました。
    どんどん文章が増えていくのと、出てくるキャラクターのおもしろさにひかれました。「のみのぴこ」と「のみのぷち」ちっちゃくて、息子は見つけられるのか、探すことの楽しさも持ち合わせた絵本ですね。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応がまちまち

    年中のクラスで読んだことがあります。
    繰り返しになるので、飽きたような表情の子どももいましたが、「次は次は?」と身を乗り出して見ている子どももいました。
    最後の締めくくりの仕方はどうなるのかなぁと思いながら読みましたが、はじめがノミで最後もノミ。
    まとめられた絵本だと思いました。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • さあ、気合いをいれて

    新しい楽しみ方の絵本でした。

    親子で一体となって、見て聞いて息継ぎして。

    子供の期待をビンビン感じながら
    うまく読み切れるかなと自分にも期待して

    ちょっとトーン上げてみたりスピード変えてみたり


    ぶわーっと流して読んでても
    子供の耳にはきっちり入ってる。

    毎日読みたいけど、読んでって言われたらちょっとドキ
    ずいぶんと揺さぶってくれる憎い一冊です。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴこからぷちへ

    我が家では、積み重ね言葉絵本は3冊目なので、
    わたし的には新鮮さはなかったのですが、
    娘はやっぱり好きみたいです。

    しかも、この本は30年以上前に出版された本なので、
    実は日本での元祖!?

    近づいて見てみたくなる表紙、
    のみのぴこから始まったストーリーは、のみのぷちで終わります。
    まったく無関係のようだけど、どこかで繋がっている社会。
    実は深〜い作品なのかも?(笑)
    何より、絵がシンプルなのがいいですね。
    文章のこんがらがり感を横目に涼しい感じです☆

    そして、新鮮さがないと感じつつも、
    かなり白熱した読み聞かせを展開している私です。
    そして娘も、横から割って入り、一生懸命読んでました☆
    それも、また積み重ね言葉絵本の良さ。

    積み重ね絵本 未体験の方、トライしやすい一冊ですよ!

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「これはのみのぴこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がまんのケーキ / あけましておめでとう / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット