ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

どうぶつさいばん ライオンのしごと」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

どうぶつさいばん ライオンのしごと 作:竹田津 実
絵:あべ 弘士
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784033313603
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,039
みんなの声 総数 38
「どうぶつさいばん ライオンのしごと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 初めて聞いた解釈に納得

    ライオンがヌーを殺すのは、有罪だという人はいないと思います。
    そうしないと、ライオンは飢え死にしてしまうからです。
    でも、この絵本は「ライオンが生きるためにヌーを殺す」ではなく、「ヌーの群れを守るためにヌーを殺す」という解釈をしています。
    初めての考え方で驚きましたが、読みすすめるうちに、なるほどなと納得しました。自然界はよく出来ているんだなと思うとともに、私たち大人にもまだまだ知らないことがたくさんあるんだなと思いました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生命のいとなみ

    動物の裁判。タイトルだけ聞くと、ちょっと難しそうに感じるのですが、読んでいくと野生の動物たちのサイクルが自然にわかる絵本でした。

    草食動物を食べる肉食動物には、自然界で病気を広めないために弱った草食動物を食べているということとか・・・

    子どもたちも、今までは食べられてかわいそうという気持ちだけが強かったと思うのですが、生命のサイクルのあることや、悪い病気が広まらないようにする一つの手段でもあるということがちょっとでもわかってくれたかな〜と思います。

    いろいろなことをいろいろな角度から見ることも必要だということを改めて考えさせられるとともに、子どもたちにもあらゆる角度からいろいろなことを考える大切さを教えていかなければいけないな〜とこの絵本から思いました。

    掲載日:2008/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぶつさいばん ライオンのしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット